人材紹介会社の仕組みとは?分類や無料で利用できる理由について解説

転職をする際に使うサービスは求人サイトが一般的ですが、自分で会社について調べ、面接の調整をするなど負担も大きいです。仕事が忙しい方の中には、なかなか転職を進められないと感じている方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、「人材紹介サービス」。専任のキャリアコンサルタントが相談にのってくれるのでスムーズに転職を進められます。

今回は人材紹介がどのようなサービスなのか紹介していくので、転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

人材紹介とは?人材紹介サービスのビジネスモデル

まずは、人材紹介というサービスの仕組みについて紹介していきます。一般的な人材紹介会社の仕事の流れは次のようになります。

  • 求人案件の獲得
  • 求人に会った求職者の募集
  • 企業と求職者のマッチング
  • 入社が決まったら企業から報酬が発生

まずは人材を求めている企業にアプローチをして、求人案件を獲得することから始めます。どのような人材を求めているか細かくヒアリングし、様々な方法で要望に合った人材を探してくるのです。

条件にマッチし、かつその会社に興味をもってくれる求職者がいれば、企業に紹介し面接などの調整をします。無事、入社が決まれば企業から報酬を受け取ります。

逆に、求職者側から見たサービスの流れは下記のようになります。

  • キャリアカウンセリング
  • これまでの経歴や要望に合わせた求人案件を紹介
  • 興味のある会社とのマッチング
  • 入社が決まった後のアフターフォロー

求職者からすれば、自分に合った会社を探したり、面接を調整するといった手間を代わりに行ってくれるのが人材紹介会社です。

人材紹介会社は企業から報酬を受けているので、サービスはすべて無料で受けることができます。

報酬の金額は、入社した方の理論年収×○%(30~40が一般的)が一般的です。年収が高いほど人材紹介会社が得る報酬も高くなるため、人材紹介会社が年収交渉をしてくれることもよくあります。

人材紹介会社の種類

基本的な仕組みは同じでも、求職者の集め方について人材紹介会社はいくつかのタイプに分けられます。

一般紹介・登録型

登録型は、予め転職情報サイトや人材紹介会社に登録しているデータベースの中から、求人案件にマッチした人材を紹介するスタイルとなっています。

一般的に登録型を使う求人案件は、マッチする人材の母数の多い案件に使われます。高いスキルが求められなかったり、役職がない、もしくは高くない人材を募集する際に用いられます。入社した際の報酬も30%以下と低くなりがちです。

サーチ型

サーチ型は、いわゆるヘッドハンティングと呼ばれるものです。募集する人材に求めるスキルが高かったり、母数が少なく探すのに困難な場合に求められます。

人材を探して、面接を受けてもらうまで手間がかかるため、報酬も35%以上と高くなります。自然と年収が高い人材を紹介することになるので、一件あたりの報酬は登録型とは比べ物になりません。

再就職支援型

再就職支援型のサービスは、少し特殊なしくみをとっています。倒産やリストラなどの際に自社の人材を退職させる必要がある場合で、次の就職先を見つけるサポートのために利用します。

一般的な人材紹介会社と異なり、人材を手放す企業が費用を払い、採用する企業は無料、もしくは低コストで人材を採用できます。再就職支援サービスを利用するのは大企業が多く、優秀な人材を低コストで採用できるため、採用する側としてはメリットの大きいサービスとなります。

人材紹介の仕事スタイル

人材紹介会社は、仕事のスタイルによっても分類されます。

分業型

企業の担当者と求職者の担当がキッパリ分けられているのが分業型です。担当者としては企業もしくは求職者に集中できるため、手厚いサポートが受けられます。

しかし、その一方で企業担当者と求職者担当との連携が難しいというデメリットもあります。求職者担当は紹介してくれる企業について詳しくないので、転職相談に行っても求人票以上の情報しか出てこないケースも多いです。登録型の人材紹介会社に多いスタイルとなります。

両面型

一人のコンサルタントが企業も求職者もどちらも担当するケースです。企業担当者が直接案件を紹介してくれるため、求人票では分からない情報や、会社の雰囲気なども教えてもらえます。

企業とのパイプをしっかり持っているため、年収交渉などが通りやすいこともメリットです。サーチ型の人材紹介会社がよく取り入れているスタイルとなります。

社会人になって初めて人材紹介会社を利用するというのは緊張するものです。人材紹介会社によって、案件を紹介すること以外のサービスで差別化を図っているため、どの人材紹介会社を利用するか迷ってしまう人も多いでしょう。

しかし、人材紹介会社を使ってもコストが発生することはないので、いくつかの人材紹介会社を並行して利用するのがおすすめです。転職を考えている方は、人材紹介会社を利用することで、転職を成功させられる可能性が高くなるかもしれません。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。