転職エージェント、ハローワーク、おしごとアドバイザーのメリット・デメリットを紹介

昔に比べて手軽に転職活動ができる時代になりましたが、一人で行うよりもプロに相談しながら進める方が、いい転職ができる可能性が高まります。転職の相談は無料でできるので、どうせ転職するなら相談してから考えましょう。

今回は無料で転職の相談ができるサービスを、3つ紹介していきます。ご自身の希望などに合わせて、転職サービスを使い分けましょう。

転職の相談ができる場所(1)ハローワーク

まず紹介するのは、多くの方が名前を聞いたことがあるであろうハローワークです。どのようなサービスなのか、詳しく見ていきましょう。

ハローワークとは

ハローワークとは、厚生労働省が管轄している公的機関で、全国に500ヶ所以上設置されています。

公的なサービスなので、求職者も、募集する企業も、無料でサービスを使えます。仕事や会社を紹介するだけでなく、職業訓練校の受付や、失業保険受給のための手続きを行っているのも大きな特徴です。

参考:https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000067861.pdf

「求職申込書」という用紙に必要な項目を記入し、施設内にある端末から求人情報を検索。気になる仕事情報を印刷して窓口に持っていく、というのが一般的な流れです。

応募可能な企業の場合は、その場で企業にコンタクトをとってくれます。書類選考があれば履歴書を送って結果を待つことになりますし、なければ面接の日程を決めます。なお面接当日は、ハローワークからもらった紹介状を持参します。

ハローワークのメリット

ハローワークは、そのエリアの求人情報に特化しています。地域内であれば、インターネットなどに載っていない求人が掲載されている場合もあります。また『面接対策』や『転職セミナー』も実施しているので、必要であれば受講することができます。

ハローワークのデメリット

公的機関なので、平日の17時半には閉じてしまいます。仕事をしながらの転職では、利用するのが難しいかもしれません。また、求人を無料で掲載できるため、情報の精度が低く、実際に面接に行ったら求人情報と大きなギャップがある場合もあります。

転職の相談ができる場所(2)おしごとアドバイザー

次に紹介するのは、おしごとアドバイザーです。聞き慣れないサービスかもしれませんが、どのようなサービスか見ていきましょう。

おしごとアドバイザーとは

おしごとアドバイザーとは、ハローワークと同様、厚生労働省が管轄する転職相談サービスです。ハローワークと何が違うかというと、直接の相談ではなく、メールや電話で相談ができることです。平日の夜間17時~22時、土日祝は朝の10時から夕方17時まで相談を受け付けています。

相談内容も幅広く、転職や仕事に関する相談であれば、漠然とした内容でも聞いてくれます。もちろん100%満足できる答えが得られるとは限りませんが、相談して背中を押された方も多いようです。

おしごとアドバイザーのメリット

おしごとアドバイザーのメリットは、なんといっても相談できる時間が長いということです。メールであれば24時間受け付けているので、どんな仕事をしている方でも相談をすることができるでしょう。

また、転職のための無料のセミナーも紹介してもらえるので、実用的なノウハウが知りたい方はセミナーも活用してみましょう。

おしごとアドバイザーのメリット

何回でも相談ができるおしごとアドバイザーですが、1回目の相手がよかったからといって、同じ人を2回目以降に指定することはできません。また、紹介されるセミナーも、基本的には大都市圏で行われているため、地方に住んでいる方にとっては不便かもしれません。

転職の相談ができる場所(3)転職エージェント

最後は転職エージェントについて紹介していきます。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、いわゆる人材紹介のことで、民間企業が提供しているサービスです。求職者は無料で転職相談ができ、採用が決まった際に企業から報酬が入ります。サービス業であるがゆえにサービスが手厚く、夜遅くまで相談を受け付けているので仕事をしながらでも相談しやすいことが特徴です。

転職エージェントのメリット

転職エージェントでは、インターネットに載っていないような、レアな求人情報も提案してくれる場合もあります。転職相談に乗ってくれるだけでなく面接の日程も調整してくれるため、働きながら転職活動をしている忙しい方でも、スムーズに転職活動を進められます。

一般的に転職エージェントが得る報酬は、年収に応じて高くなります。そのため、転職エージェントが年収の交渉をしてくれることもあり、転職で年収アップを狙えるかもしれません。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントは、転職が決まらなければビジネスにならないため、場合によってはあなたにとって、最適ではない転職に誘導される可能性もゼロではありません。

例えば、あなたが行きたいA社よりも、年収の高いB社に転職してもらった方が、転職エージェントとしては報酬も大きくなります。そのため、B社に転職するよう誘導される可能性もあるので、注意が必要です。

転職相談は、さまざまな場所でできます。今回紹介したものはすべて無料で利用できます。どれを利用するか考えるのもいいですが、ひとまずすべて利用するのもありです。実際に利用してから、自分に合ったサービスを考えるのもいいかもしれません。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。