【志望動機例文つき】営業(有形商材)から賃貸仲介営業に転職する際の履歴書の書き方

賃貸仲介営業への転職を考えている方の中には、不動産以外の有形商材を営業していた方もいるかもしれません。不動産も有形商材のひとつですので、前職での経験やスキルというのは、転職した後も十分に活かせるでしょう。

今回は有形商材の営業をしてきた方が、賃貸仲介営業をするのに、どんなスキルや経験をアピールすればいいのかをご紹介いたします。

賃貸仲介営業で活かせる営業(有形商材)の経験・スキル

有形とは、形のある商品のことです。食品や家電、パソコンなどはすべて「有形商材」になります。種類は違っても、有形商材を扱った経験は、不動産でも活かすことができます。

まずは、営業(有形商材)のどんなスキルが賃貸仲介で活きるのか見ていきましょう。

コミュニケーション能力

営業であれば、どんな商材であれ、お客さまとのコミュニケーションが必要不可欠となります。

商談での会話も大事ですが、意外に差が出るのが、商談以外でのふだんのコミュニケーションです。雑談や電話での連絡はもちろん、雰囲気や身だしなみも含まれます。

この人なら信頼して任せられる、と思ってもらえる関係性を築くことは、賃貸仲介営業でも重要です。

ヒアリング能力

お客さまがどんな課題を抱え、どんなニーズを抱えているか把握しなければ、適切な提案はできません。

そして、お客さまのことを理解するためには、ヒアリング能力が求められます。とはいっても、お客さま自身も、自分が何を求めているか分かっていないことも多いもの。

「間取りの条件は?」など条件を聞くのではなく、家族構成や将来設計などを深く聞いてみることで、お客さま自身も気づいていなかったニーズを引き出すことができます。

提案力

ヒアリングとセットで求められるのが、提案力です。ヒアリングで顕在化したお客さまのニーズに対して、紹介する物件がなぜいいのか、魅力的に紹介する力が必要です。

紹介する物件の順番や、提案の仕方一つで、相手が受ける印象は全然違うものです。商品は変わっても、商品を魅力的に伝えるスキルは同じです。不動産でもその力を活かしましょう。

営業(有形商材)から賃貸仲介営業に転職する際にアピールすべきポイント

続いて、有形商材の営業経験者が、賃貸仲介への転職をする際に有利になる、アピールポイントを見ていきたいと思います。

営業するために工夫してきたこと

営業スタイルは、一人ひとり違うものです。会社や先輩に教わったこと以外に自分で工夫したことがあったり、それによって出た成果などがあれば、ぜひアピールしましょう。

成果が出たかどうかも重要ですが、成果を上げるために工夫できることのほうがはるかに重要です。

コミュニケーションで大事にしてきたこと

営業の仕事は、コミュニケーションそのものだと言えます。話し方・話す内容はもちろん、身だしなみやボディランゲージによっても、相手に与える印象は大きく違います。

お客さまだけでなく、社内の同僚や友人など、まわりの人とコミュニケーションをとる際に、どんな目的でどんな気遣いをしてきたのかをアピールしてみてください。

賃貸仲介営業として成功するかどうかは、部屋の良し悪しではありません。どんな営業担当者に紹介されたかで、お客さまの心象は大きく変わってくるもの。

一人ひとりに合わせたコミュニケーションが取れることは、大きな強みになります。

失敗を乗り越えた経験

営業をしていれば、失敗をした経験や、成果が出ずに苦しんだ時期があるはずです。それを乗り越えた経験は、賃貸仲介営業に限らずどんな仕事でも活かせます。

苦しくなっても、工夫して乗り越えられる人間だということを印象づけられるはずです。

営業(有形商材)から賃貸仲介営業に転職する際の志望動機例文

最後に、志望動機の例文をご紹介します。

志望動機例文(1)26歳、男性、食品営業(正社員)の場合

人々の生活の礎となる、住宅を探すサポートができればと思い、貴社に応募しました。私自身、現在一人暮らしをしているのですが、居心地のいい部屋に住めることの喜びを感じています。

数ある不動産の中でも、貴社はサイトの作りや店舗のレイアウトが、お客さま目線で作られているおり、お客さまに寄り添っている会社だという印象を受けました。私もお客さまに寄り添って、納得できる家さがしのサポートをしたいと考えております。

志望動機例文(2)25歳、女性、車の営業(契約社員)

現在は車の営業をしておりますが、より生活に密着した商品を売りたいと思い、転職を考えるようになりました。貴社に応募したのは、全国でもトップクラスの賃貸物件を取り扱っており、幅広い提案ができると思ったからです。

現職では、お客さまの生活を細かくヒアリングして車を提案するよう心がけています。この経験を活かし、お客さまがお部屋でしたいことや予算などにマッチした部屋を提案し、心地よい暮らしを実現できるサポートをしたいと思っています。

賃貸仲介営業は、契約までのスパンが短いため、効率的にお客さまのニーズを聞いて、適切な部件を提案する能力が求められます。有形商材の営業経験者であれば、その経験やスキルを十分に活かせることでしょう。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。