若手におすすめ!営業の仕事をするメリット・営業で身につくスキル

営業の仕事は「ノルマが厳しそう」、「上下関係が厳しそう」といったイメージからあまり人気がないことも多いようです。

しかし、営業の仕事で得られるスキルを考えて見ると、特に若手におすすめしたい仕事です。

本記事では営業について、メリットや身につくスキルがどのようなものなのかお伝えしていきます。

仕事の基礎が学べる

営業の仕事では、

  • 市場のリサーチ
  • お客様とのアポ取り
  • 信頼関係構築
  • 自社商品や契約書の内容の理解
  • 納品や金銭の取り扱い 等

の業務を通して仕事の基礎を学ぶことができます。

これらの業務の経験は、仮に後に別の職種の仕事をすることになったとしても役に立つでしょう。

ビジネスで最も重要な「モノを売る」スキルが身につく(=食いっぱぐれない)

ビジネスの基本は「モノやサービスを売って利益を出すこと」です。

会社には、モノをつくる開発職や業務のサポートを行う事務職といった仕事がありますが、この中でも営業がもっとも重要です。

なぜなら、実際にお客様に提案をして契約をしてくる=直接の利益を生み出すのが営業の役割だからです。

モノやサービスを売るスキルは他の会社に転職しても活かせますし、仮に起業して自分で商品を開発する場合でもビジネスを成り立たせることが可能になります。

もちろん、ただ営業職につけばよいというわけではありません。

ですが、若い時期の一定期間を営業で成果を挙げることに一生懸命になることで、将来にわたって食いっぱぐれることのないスキルを身につけることができます。

人脈が増える(広がる)

営業で成果を挙げるためには、さまざまな人とつながりを持つことが重要です。

つながりの中からお客様の紹介をいただくことが、多々あるからです。

普段は困っていなくても、特に理由もなくお客様が途切れてしまうようなこともあるものです。

そうした時に、過去にお客様を紹介するなどして信頼関係を構築していた方からよい話が舞い込んでくることは珍しいことではありません。

こういうことを繰り返してくうちに人脈が増え、契約の途切れない営業担当者として評価されていくようになります。

こうして構築していった信頼関係や人脈は会社や職種を変えたとしても役立ってくれることでしょう。

目的達成志向が身につく

営業の仕事を始めるとついて回るのが営業目標です。

営業が目標を達成しなければ、会社は利益を出すことができず、もちろん事業を拡大することもできず、下手をすれば倒産してしまうことすらあります。

こうした責任感を感じながら、日々、目標に向かって努力を続けることで、自然と目標達成志向が身につきます。

ちなみに目標を達成すれば、ボーナスをもらえたり、部署や会社を挙げて祝ってくれたりと、目標を達成したくなる環境が整っています(社長や管理職はそのためにいろいろと考えてくれます)。

さらに、目標を達成し続けることができれば、自分に自信がつき、仕事や人生がうまく転がっていくもの。

営業としての経験は、キャリアや人生にとって必ずプラスとなることでしょう。

精神力が鍛えられる

営業で成果をあげるにはいろいろなことを考え、実行していかなければなりません。

実行していく中で、必ずうまくいかないことにぶつかるものです。

例えば、契約間近だったお客様が直前で契約を取りやめることなどはよく起こることです。

また、電話営業や訪問営業で営業先の方から冷たく対応されることもあるでしょう。

そもそも、「営業は断られてからが営業」という言葉もあるように、営業先から断られることや冷たく対応されることはある意味当たり前のこと。

そこからどうやって契約に持っていくかが営業の腕の見せ所です。

冷たく対応されたからといっていちいち落ち込んでいては成果を挙げることはできないため、自然と切り替えがうまくなったり、そもそも気にならなくなったりするなど、精神力が鍛えられていきます。

成果がわかりやすい&実力を示しやすい

営業の仕事は「いくら売り上げたか」というシンプルな基準が評価の大部分を占めます。

つまり、目標を決めて、一心不乱に努力できるかどうかというのが、一番重要になります。

また、営業は成果が数字に現れます。そのため成績次第では、後輩が先輩より高い役職についたり、高額な報酬を得ることも十分にありえます。

実力のある人にとっては、わかりやすい評価で、モチベーションも上がりやすい環境だといえます。

転職しやすい

営業は業界を問わずほとんどの会社に存在する仕事のため、他の職種と比べて転職しやすいです。

また、業界にもよりますが経験を重ねたベテランの方が信頼を得やすいことも多く、年配の方でも実力があれば転職可能性は高いです。

ビジネスの基礎を学べる仕事

営業は「モノやサービスを売る」仕事であり、それは全てのビジネスの基本となるものです。

営業の仕事を経験すればビジネスの基礎を身につけることができ、その後のキャリアにも大きくプラスとなりやすく、特に若手の方におすすめです。

投稿者: 逆瀬川 勇造

明治学院大学卒。地方銀行勤務後、転職した住宅会社では営業部長としてお客様の住宅新築や土地仕入れ、広告運用など幅広く従事しました。2018年よりP.D.Pを設立。WEBを通して不動産に関する問題解決を目指します。 保有資格:宅建士、FP2級技能士(AFP)、住宅ローンアドバイザー、相続管理士