転職活動は今の会社を辞める前と後どちらがいい?メリット・デメリットを紹介

在職しながら転職活動をする場合、仕事が忙しくて思うように進まない方は多いです。このまま働きながら転職活動を続けた方がいいのか、もしくは辞めてしまってから転職活動に集中した方がいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。

今回は在職中の転職活動と、退職後の転職活動それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

在職中に転職活動をするメリット・デメリット

まずは、在職中に転職活動をする場合のメリット・デメリットです。

在職中に転職活動をするメリット

大きなメリットは2つあります。

1.収入が途切れないので、経済的な不安がない

在職中、つまり、働きながら転職活動をする一番のメリットは、経済的な不安がないことです。そのため、時間をかけて転職活動をすることができます。

これはとても大事なことで、転職先に妥協する必要がないので、納得のいく転職ができる可能性が高いです。

2.現職にとどまるという選択肢を残しておける

転職活動をしたとしても、今の会社より良い会社に出会えないことはよくあります。そんな時に、現職に残る選択肢があることは大きな安心になります。

在職中に転職活動をするデメリット

続いて、デメリットについても見ていきましょう。

1.転職活動に使える時間が少ない

当たり前のことではありますが、在職中は仕事優先なので、思うように転職活動の時間がとれません。

応募する企業を探し、書類をつくり、面接に行く時間をつくるには、仕事を効率的に行なったり、プライベートや休日を多少なりとも犠牲にせざるを得ません。

2.転職活動が長期化しがち

今の会社に残れるという安心感があることで、なかなか転職活動に注力できないというデメリットもあります。転職をしなくても生活していけるため、不満を抱えながらも今の会社で働き続けてしまうケースも見られます。

3.内定が出ても、すぐに入社できない

内定が出たからといってすぐに退職し、次の会社に入社できるとは限りません。退職願を出してから最低でも1ヶ月、抱えている仕事が多い場合や繁忙期だと、引き継ぎに数ヶ月かかってしまうこともあります。

「すぐにでも入社してほしい」という会社もあるため、入社可能時期については事前に相談・調整しておくことが必要になります。

退職後に転職活動をするメリット・デメリット

退職後に転職活動をするメリット・デメリットについても見ていきましょう。

退職後に転職活動をするメリット

まずはメリットから紹介していきます。

1.転職活動に使える時間が多い

一番のメリットは、すべての時間を転職活動に費やせることです。応募する企業のことを入念に調べたり、応募書類を作り込んだりと、余裕を持って転職活動を行うことができます。面接の日程調整もしやすく、スムーズに転職活動を進められます。

2.スキルアップや資格取得に挑戦できる

仕事をしていないので、資格を取得したり、講座を受けてスキルを磨く時間も取れます。スキルを磨いた上で転職活動をすれば、より条件のいい会社や憧れの企業に入社できる可能性も高まります。

3.失業手当を受けられる

退職しても失業手当があるので、すぐに経済的に困ることはありません。なお、失業手当には申請期限があり、それを過ぎてしまうともらうことができません。また、失業手当をもらえる期間や金額にも制限があります。

退職後すぐに失業手当の手続きを行い、計画的に転職活動を進めることが大切です。

退職後に転職活動をするデメリット

デメリットについても紹介していきます。

1.収入がなく、生活が不安定

失業手当があるとはいえ、働いていた時と同じように収入が得られるわけではありません。生活費だけでなく、面接時の交通費やスーツやシャツなどの購入費、履歴書に貼る写真代など、転職活動には意外とお金がかかるもの。

特に、貯金のない状態で退職をしてから転職活動をしてしまうのは、リスクが大きいです。

2.内定先を妥協しがち

退職後の転職活動では、経済的な不安が大きく、焦ってしまうことが多いです。焦って転職活動をしてしまうと、本当に行きたい会社でなくても妥協して内定先を決めてしまう可能性が高くなります。

3.ブランクが不利になる可能性がある

転職活動が3〜6ヶ月で終われば、企業からはブランク(空白期間)だとはみなされません。ただし、それ以上の期間、働いていない or 転職が決まらない状態だと、企業に与える印象が悪くなってしまう可能性があります。

6ヶ月経っても転職が決まらない場合には、一度、派遣やアルバイトで就業しながら転職活動をするなど、自分の中でルールを決めておくのがベスト。こうすることでメリハリをつけて転職活動を行えますし、企業にもいい印象を与えることができます。

4.前の会社が良かったと思っても戻れない

転職活動をしていると、前の会社の方が条件がよかったり、環境がいいと感じることも少なくありません。

ですが、すでに退職してしまった後では、前の会社に戻るのはなかなか難しいもの。出戻りOKの会社は増えてはいますが、さすがに1ヶ月での出戻りを受け入れてくれる会社は、ほとんどないはずです。

在職中と退職後、どっちがいい?状況別・転職活動のやり方

転職活動は、在職中と退職後のどちらにするのがいいのでしょうか?基本的には在職中をおすすめしますが、そうでない場合もあります。

状況別に、どちらがいいのか見ていきましょう。

毎日残業しているなど、労働時間が長い

仕事が忙しすぎて、転職活動の時間もとれないようであれば、退職してからの転職活動の方がいいかもしれません。自己分析など、在職中でもできる準備をした上で退職すると、すぐに転職活動が始められます。

一人暮らしをしていて貯金がない

経済的に余裕のない方は、在職中に転職活動をするのがおすすめです。焦って内定先を決めると、すぐにまた転職をしたくなってしまうかもしれないからです。

基本的にオフィスワークで、平日会社を抜け出すのが難しい

オフィスワークの方も、できるだけ在職中に転職活動をしたほうが良いです。夜や出社前の時間に面接の対応してくれる会社もあるため、転職活動は行なえます。どうしても難しい場合にだけ、退職してから集中して転職活動を行いましょう。

基本的に転職活動は在職中に行うのがおすすめです。仕事が忙しい方でも、転職エージェントを利用するなど、時間をできるだけ使わずにできる方法を探してみましょう。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。