高卒に営業職がおすすめの理由とは?注意点やポイントも解説

高卒で転職を考えており、まだ明確な道が決まっていないという方は、営業職への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

営業職は学歴などによらず会社にとって重要な仕事に取り組むことができ、また汎用性の高いビジネススキルを身につけられるといったメリットがあります。

本記事では、高卒の方が営業職への転職を検討するにあたり、なぜおすすめなのかという理由や注意点、転職を成功させるポイントをお伝えしてきます。

高卒で転職するなら営業職がおすすめの理由3つ

高卒の方で転職を考えている方は、営業職を検討してみることをおすすめします。

ここでは、その理由として以下の3つをご紹介します。

  • 事業拡大や売上アップには営業職が必要だから
  • 未経験歓迎の求人が多い
  • 他の業界でも使える市場価値の高い能力・スキルが身につく

それぞれ見ていきましょう。

事業拡大や売上アップには営業職が必要だから

いくら、会社がよい商品を持っていたとしても、商品を効果的にお客様に提案できなければ売り上げにつなげられません。

営業職はその提案の部分を担う仕事で、会社の事業拡大や売上アップには営業職が欠かせません。

このため、営業職は学歴によらず会社にとって非常に重要な役割を担うことができます。

未経験歓迎の求人が多い

営業職は、業界の専門知識や細かな商品知識も必要とされますが、それよりも人に好かれるかどうか、信頼を勝ち取れるかどうかといった部分が重要です。

業界知識や商品知識は転職してから勉強していくこともできます。一方、後者の「人に好かれる」「信頼を勝ち取る」の部分は、本来持っている資質であることから、営業職は未経験歓迎の求人が多くなっています。

他の業界でも使える市場価値の高い能力・スキルが身につく

営業職は基本的に全ての業界に存在する仕事で、必要とされる能力やスキルは業界が違っても大きく変わるものではありません。

一つの業界でしっかりと成果を挙げることができれば、他の業界でも営業職として活躍できると判断されることが多い傾向にあります。

そのほか、仮に営業職でなくとも対人コミュニケーション能力や交渉術、お客様の資金管理などは他の職種でも活用しやすいです。

このように、若いうちに営業職として働いておけば、市場価値の高い能力やスキルを身につけることができるのです。

営業職に転職する際の注意点、気をつけること

次に、営業職に転職する際の注意点や気をつけることをお伝えします。

営業スタイルごとに入社難易度が違う

一口に営業職と言っても、法人向けか個人向けか、また新規開拓か既存顧客かなど、営業スタイルごとに入社難易度が異なります。

基本的には、

  • 法人向けよりも個人向け
  • 既存顧客より新規開拓

…の方が、アプローチする絶対数が多いことから採用数が多く、入社難易度は低くなります。

つまり、個人向け新規開拓営業がもっとも採用されやすいということです。

ただし、採用後は競合相手が多く、「足で稼ぐ営業」を求められることもあるなど、やりがいはありつつも大変な仕事と言えます。

安易に契約社員や派遣社員を選ばない

契約社員や派遣社員として就業する方法もありますが、これらの仕事を安易に選ばないほうがよいでしょう。

契約社員や派遣社員には、残業を気にせず働きやすいといったメリットがありますが、年齢を重ねると正社員との年収の差が広がりやすいです。

転職の段階ではそこまで大きな差ではなくとも、後々その差はどんどん広がり、さらに年齢を重ねるほど契約社員や派遣社員から正社員へ転職するのが難しくなります。

こうした点によく注意して決めるとよいでしょう。

高卒で営業職への転職を成功させる3つのポイント

最後に、高卒の方が営業職への転職を成功させるポイントをお伝えしていきます。

普通運転免許は取得しておいた方が、断然有利

営業職は移動に車を使うことが多く、普通運転免許を取得しているのとしていないのとでは、取得している方が断然有利です。

都心での勤務であれば通常は必要ないかもしれませんが、出張の際や地方への転勤で必要となることも想定されます。

免許を持っていないことを理由として不採用になってはもったいないので、とりあえず取得しておきましょう。

積極的に学ぶ姿勢があることをアピールする

営業職は就業後に業界知識や商品知識を身につけるのが可能なことが多いですが、知識を身につけられなければ安定して成果を残すことはできません。

採用後、しっかり知識を身につけていってくれると思わせるためにも、積極的に学ぶ姿勢があることをアピールするとよいでしょう。

転職エージェントに相談する&アドバイスをもらう

一口に営業職といっても、どのような業界を選ぶか、またどの会社を選ぶかによって対策すべき点は異なります。

この点は、人事担当者や代表と接点を持ち、会社の傾向を把握している転職エージェントを活用してアドバイスをもらっておくとよいでしょう。

営業職を経験しておくとビジネス能力の底上げにつながる

高卒の方は、大卒の方と比べて4年早く社会に出ているというメリットがあります。

このメリットを活かし、キャリアのどこかの段階で営業職を経験しておくと、コミュニケーション能力や各種ビジネススキルを身につけられ、将来の自己実現に役立てられます。

もちろん、営業職の仕事そのものを極めてもよいでしょう。

高卒で転職を考えている方は、営業職を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

投稿者: 逆瀬川 勇造

明治学院大学卒。地方銀行勤務後、転職した住宅会社では営業部長としてお客様の住宅新築や土地仕入れ、広告運用など幅広く従事しました。2018年よりP.D.Pを設立。WEBを通して不動産に関する問題解決を目指します。 保有資格:宅建士、FP2級技能士(AFP)、住宅ローンアドバイザー、相続管理士