高卒の転職に不動産業界をおすすめする理由とは?

高卒の方が転職活動する際、明確な道が決まっていないのであれば収入面や待遇の面から不動産業界を候補に入れてみることをおすすめします。

本記事では、不動産業界が高卒の方になぜおすすめなのか、その理由や注意点、転職を成功させるポイントなどお伝えしていきます。

高卒で転職するなら不動産業界がおすすめの理由3つ

高卒で転職を考えている方には不動産業界をおすすめしたい理由は、以下の3つになります。

  • 人材不足で採用のハードルを下げている会社が増えている
  • 実力主義、成果主義の会社が多い
  • 学歴や年齢に関係なく、高年収を狙える

それぞれ見ていきましょう。

人材不足で採用のハードルを下げている会社が増えている

まず、不動産業界は人材不足が続いており、採用のハードルを下げている会社が増えていることです。

企業によっては「大卒以上」といった条件が設けられていることもあるでしょう。

しかし採用難の続く不動産業界においては、これまで学歴などの条件を付けていたような会社でも、条件を緩和しているケースが見られます。

実力主義、成果主義の会社が多い

不動産業界というとやはり営業のイメージが強く、学歴があろうとなかろうと、成果を出した人が評価される社風の会社が多いです。

「有名大学を出た人より高卒の人が営業成績がよい」といったことは特に珍しいことではありません。

一般的な会社であれば、成績の良し悪しよりも大卒の方が優遇されるようなケースもあるかもしれませんが、成果主義の強い会社であれば、成果を挙げた方が評価されることになります。

つまり高卒でも、成果さえ出せば評価されるというわけです。

学歴や年齢に関係なく、高年収を狙える

実力をつけて成果を挙げれば、学歴や年齢に関係なく高年収を狙うことができます。

大卒の初任給と高卒の初任給は分けられているケースも多く、高卒というだけで給料が少なくなってしまうことを理不尽だと思っている方もいらっしゃるでしょう。

高卒で、そのように感じたことのある方は不動産業界への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

不動産業界に転職する際の注意点、気をつけること

次に、不動産業界に転職する際の注意点や気をつけることをお伝えします。

土日休みの会社はほとんどない

まず、個人を相手にする不動産会社であれば、基本的に土日が休みということはほとんどありません。

多くの場合、水曜日とその前後の火曜日か木曜日が休みで、連休も取りづらいのが現実です。

そのため、友人や家族と休みが合わなくなり、遊びにいったり、家族サービスしたりといったことがしづらくなります。

大手への転職は難易度が高い

不動産業界にもさまざまな会社があり、特に財閥系のディベロッパー(三井、三菱、住友系)への転職難易度は非常に高いです。

先ほど、不動産業界への転職は学歴があまり重視されない旨をお伝えしましたが、こうした会社は話が別。東大や京大卒が当たり前といった世界です。

もちろん学歴だけが全てではありませんが、このような会社もあることを知っておくとよいでしょう。

高卒で不動産業界への転職を成功させる3つのポイント

最後に、高卒が不動産業界への転職を成功させる際に意識しておきたい3つのポイントをお伝えします。

個人向けの住宅の営業職は、採用されやすい

不動産業界の中でも、個人向けの住宅営業職が狙い目です。

個人向けの住宅営業では、専門知識以上にお客様から気に入られるかどうかが重要です。これには、高卒か大卒であるかは関係ないからです。

また、そもそも個人向け住宅の営業職は採用数が多いことも採用されやすい理由の一つだと言えるでしょう。

宅建の資格を取得しておくと有利

不動産業界への転職を考えているのであれば、宅建士の資格を取得していると転職に有利です。

不動産の売買をしている会社では、事務所の人員5名につき1名以上宅建の資格を持っている人を配置しなければならないと決まっています。

また、売買契約時に宅建士による重要事項説明をしなければならないなど活躍の場は多いです。

不動産の売買以外でも、宅建士を持っていると不動産に関する一定の知識を持っていると判断されやすくなります。

なお、仮に転職活動の段階で取得していなくとも、入社後に取得する意思を見せるだけでもプラスの評価を受けやすくなるはずです。

転職エージェントに相談する&アドバイスをもらう

不動産業界にもいろいろな業種があり、また個別の会社によっても気を付けるべきポイントは異なります。

そこで活用したいのが、転職エージェントです。

転職エージェントは、転職先の人事担当者や社長とも接点があり、会社がどのような人材を欲しがっているのか、どんな人なら相性がいいのかを熟知しています。

そのため、履歴書の書き方や面接など、どういった点に気を付ければよいかのアドバイスを具体的な内容で受けられます。

少しでも転職の成功率を高めたいのであれば転職エージェントを利用するとよいでしょう。

不動産業界は高卒の方が成功しやすい業界

不動産業界は実力主義、成果主義の会社が多く、大卒の方より4年も早く社会に出た高卒の方にとって、成功しやすい業界だということができます。

特に個人向け住宅営業などは採用されやすいといった傾向を掴んだ上で、転職エージェントを活用して個別の会社についてアドバイスをもらうといいでしょう。

投稿者: 逆瀬川 勇造

明治学院大学卒。地方銀行勤務後、転職した住宅会社では営業部長としてお客様の住宅新築や土地仕入れ、広告運用など幅広く従事しました。2018年よりP.D.Pを設立。WEBを通して不動産に関する問題解決を目指します。 保有資格:宅建士、FP2級技能士(AFP)、住宅ローンアドバイザー、相続管理士