人生を左右する「メンター」の存在とは?求められる資質や探し方を紹介

メンターという言葉を聞いたことがあるでしょうか。最近では「メンター制度」といった制度を導入する企業も増えているので、名前は聞いたことがある人も多いと思います。新入社員などに対して、先輩がメンター役となるケースが多いですが、メンターとは単なる教育係のことではありません。メンターの存在は、その人の人生を大きく変えるほどインパクトのあるものです。

この記事ではメンターの意味や、メンターの探し方について紹介していきます。最近、仕事があまりうまく言っていないという方は、メンターを探して一皮むけてはいかがでしょうか。

メンターとは

まずはメンターとはどういう人なのか見ていきましょう。

メンターが行うメンタリング

メンターが何をするかと言うと、人材育成方法の一つである「メンタリング」です。メンタリングとは、メンターが1対1でメンティー(指導される立場の人)が気づきを得るサポートをすることです。一方的にメンターが何かを教えるのではなく、対話や助言を重ねる中でメンティーが自分自身で学べるように導いていきます。「こういう風にすればできるよ」と答えを教えるのではなく、「どうしたらできるようになるだろう」と一緒に考えてくれるのがメンターの存在です。

メンターの語源

メンターの語源はギリシャの詩人ホメロスが書いたとされる叙情詩『オデュッセイア』に登場する老賢人「Mentor(メントル)」の名から来ています。メントルはオデュッセイアに登場する王の息子の指導者、助言者、支援者の役割を果たし、対象者を支援すること人のことをメンターと呼ぶようになったのです。

コーチングとの違い

メンタリングとともに、有名な人材育成方法と知られる技法に「コーチング」があります。どちらも1対1の対話によって、相手の自発的、自律的な成長を促すという点では共通していますが、いくつか違いポイントがあります。コーチングは「馬車」を意味する「コーチ」から由来する通り、「人を目的地まで送り届ける」という意味があります。そのため、コーチングが扱うテーマは業務目標の実現やプロジェクトの達成など、実務的なものに限られ期間も短期です。メンタリングはコーチングが扱うテーマに加えて、悩みの相談や心の整理などメンタル的な支援も行います。支援する幅がひろいため、自然とコーチングよりも長期になりがちです。

メンターが必要な理由

世の中には「成功できるかできないかは、メンターがいるかどうかだ」という人がいるほど、メンターの存在は重要です。メンターがいることによるメリットは多々ありますが、その一つがメンターの知恵を使うことで達成スピードが上がることです。一人でどんなに考えても答えがでない時でも、メンターに相談することによって乗り越えられることはよくあります。そのような体験を繰り返していくと「どんなことでも乗り越えられる」という自信がつき、より大きなチャレンジができるようになるのです。大きなチャレンジをすることで、また一回り成長していくことでしょう。一人ではチャレンジするのに二の足を踏んでしまうことも、メンターがいることで挑戦的になれるため、何倍も早く成長できるのです。

メンターを探すときの条件

あなたの人生を大きく左右するメンターの存在ですが、誰でもいいわけではありません。メンターを探す時は次のポイントをチェックしてください。

自分が得たい結果を得続けている

メンターの条件の1つ目は「自分が得たい結果を出し続けている」かどうかです。一回だけ成功する人は多くいますが、結果を出し続けている人は多くありません。結果を出し続けている人は、結果の出し方を知っているからなので、的確な助言をしてもらえるでしょう。

人として好き

メンターには、壁にぶつかった時に相談しに行きます。その時にあなたを馬鹿にしたり、一緒にいる人の話はなかなか素直に受け取れません。頭では理解できても、心が受け付けなければ教えをもらい続けるのは難しいでしょう。

メンターは一人でなくてもいい

人生の目標は必ずしも一つではありません。全ての目標に対して自分が理想としている結果を得続けている人を探すのは難しいでしょう。そのため、「仕事のメンターはAさん、人間関係のメンターはBさん」と、カテゴリーごとにメンターを複数人持つのもおすすめです。

メンターとは必ずしも近くにいるとは限らない

会社で働いていると、つい人間関係が社内の人に限定されてしまいます。もちろん、社内に理想となるメンターがいればいいのですが、それは運次第です。もしも、社内でメンターを見つけられなかった場合には、外の世界にメンターを見つけにいくのもおすすめです。そのためにも、イベントやセミナーに参加して人と会ったり、本を読んで自分の世界を広げておくとよいでしょう。

 

 

仕事で躓いた時に信頼して相談できる相手がいることは、あなたの成長を何倍も加速してくれます。今の会社にメンターがいれば、それほど運のいいことはありませんが、もしメンターがいない人は、行動範囲を広げてでも探す価値のある存在になるはずです。

 

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。