転職エージェントを使うメリット・デメリット

今や転職の際にエージェントを活用するのも珍しくなくなりましたが、エージェントを利用したことのない人の中にはこのように思っている方もいるのではないでしょうか。

「自分なんかが相談にいっても求人を紹介してもらえないのでは」

「求人サイトで転職活動できるのに、わざわざエージェントに足を運ぶのは無駄」

たしかに転職エージェントは求人を紹介してくれるところですが、実はそれだけではありません。エージェントを活用することで、どのようなメリットがあるのか、もしくはどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

転職エージェントとは

そもそも転職エージェントとは、どのような仕組みになっているのか紹介しましょう。転職エージェントは求職者と企業をマッチングさせる仕事です。基本的に求職者は無料で利用でき、転職が決まった際に「年収×○%」の報酬を企業からもらうのが一般的。この報酬の仕組みが、エージェントを使うメリットやデメリットの原因にもなるので覚えておきましょう。

また、求職者と企業をマッチングさせるには、双方から希望や魅力を詳しくヒアリングする必要があります。このヒアリングによって転職・採用の成否が大きく左右されるので、会社というよりも個人の力量が大きく影響する仕事と言えるでしょう。

エージェントを活用するメリット

早速、エージェントを活用するメリットを見ていきましょう。

非公開求人を紹介してもらえる

転職サイトを見ても求人が探せる時代ですが、エージェントが保有している求人の中には、転職サイトには載っていない求人も多くあります。その理由は様々あります。転職サイトに求人を載せて、大体的に採用を行っていることを知られたくないというケースが一般的。

他にも、求人を載せただけで費用がかかるサイトを利用するよりも、採用が決まった時だけ費用が発生するエージェントを使おうというケースも見られます。同じ会社でも、Aの職種は求人サイトに載せるけど、Bの職種はエージェントだけで採用することもあるので、自分だけでは探せない求人にも出会えるでしょう。

転職のサポートをしてくれる

エージェントは採用が決まらなければ報酬が出ないため、転職成功のためのサポートをしてくれます。求人の紹介はその一部でしかなく、他にも面接の日程調整や交渉も代行してくれるのです。

また、エージェントと面談することで、キャリアプランやスキルの棚卸しができることも。転職はしたいけど自分の強みややりたいことがわからない、という方にとって大きなサポートになるでしょう。履歴書や職務経歴書の添削もしてくれるので、転職に慣れていない方にとっては大きな支えになるはずです。

年収アップが期待できる

エージェントの報酬は「年収×○%」とお話しました。つまり、年収が高いほどエージェントが得られる利益も大きくなります。そのため、より高い年収で入社できるよう、エージェントが交渉してくれることもあるのです。

ただし、エージェントが年収交渉してくれるのは、本当に年収だけのスキル・経験があると思った時だけ。エージェントが交渉したからといって、必ず年収アップできるわけではないので期待しすぎないようにしましょう。

業界や企業の裏事情を教えてもらえる

エージェントは求職者だけでなく、企業にも深くヒアリングをしています。企業の強みや、今後の計画などもこと細かく聞いているはずです。中には公表できない情報もあり、自分で調べても得られない情報も多いでしょう。

例えば公式サイトを見ても、魅力や強みが分からない企業も、エージェントの話を聞くことで興味が湧くことも少なくありません。わからないことが合った時に、エージェントを通して確認できるのも大きなメリットと言えるでしょう。

エージェントを利用するデメリット

 

エージェントを利用するのは必ずしもメリットばかりではありません。会社によって対応にはかなりの差があり、場合によっては「相談するんじゃなかった!」といった結果にもなりかねません。どんなデメリットがあるのかも見ていきましょう。

担当次第ではエージェントの都合を押し付けられることもある

エージェントは求職者の希望をヒアリングしてくれますが、必ずしも希望に沿った提案をしてくれるわけではありません。例えば本当はAの会社に転職したいのに、Bの会社の方が年収がよかったり、エージェントのコネがある場合はBをプッシュされることもあります。

他にも「今月の売上にしたいから」という理由で、転職を急かされたり、転職時期が明確に決まっていないと相手にしてくれないことも有りえます。エージェントにお願いすることで、自分のペースが乱されることもあるので注意しましょう。

担当によって当たり外れがあるので、まずは弊社にご相談を

評判がいいエージェントに相談したとしても、必ずしも優秀な担当がつくわけではありません。中には経験の浅いエージェントもいれば、自分と相性の悪いエージェントが担当になることもあります。

最初の担当を選ぶことはできませんが、あまりに対応がひどい場合は担当を代えてもらうことは可能です。

 

エージェントにはデメリットがいくつかありますが、「役に立たない」ことはあっても、今からマイナスになるということではありません。相談した時間は無駄になるかもしれませんが、無料なのでお金を無駄にすることもないのです。予めデメリットがあることを理解しておけば、期待しすぎずに主体的に転職活動を進めていけるはずです。

飽くまで転職活動の主役は自分であることを忘れず、一つの手段として使う分にはエージェントは賢い選択肢です。

弊社では国家資格キャリアコンサルタント保有者が在籍しており、1人ひとりのご状況やご希望に寄り添った転職相談を行っておりますので、例えば「他のエージェントの対応が良くなかった」「求人案件を紹介してもらえなかった」「強引に進められた」などといった方も、まずはぜひ弊社までお気軽にご相談ください。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。