コロナショック中の転職活動、進めていい?どう進める?

転職を検討していた、もしくは転職活動の途中でコロナショックが起きたという人は少なくないでしょう。採用活動を続けている企業はあるものの、転職市場は大きな変化を余儀なくされました。このまま会社に残るか、思い切って転職してしまうか迷っている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、コロナショックが企業の採用活動にどのような影響を与えているのか、どのように転職活動を進めるべきか紹介していきます。

コロナショックによる採用活動への変化

コロナショックによって、採用市場は大きく変化しました。どのように変わっているのか見ていきましょう。

採用活動を控えている

既にコロナショックによって倒産する企業も現れており、企業は文字通り生き残りを賭けています。少しでも長生きするため、できる限りコストを抑えているのです。採用活動はコストカットする事項の中でも優先順位が高く、求人件数は急激に減少しています。

競争率が高くなる

求人数の減少と合わせて、倒産やリストラによって就職活動をする人が増えているため、競争率は非常に高くなっています。転職のハードルがあがることで、未経験の仕事への転職は絶望的です。仮に転職をするにしても、これまで経験のある仕事を選びましょう。

転職活動をしてもいい人、しないほうがいい人

倒産やリストラで就職活動を余儀なくされる人が溢れかえっているため、在職中の方は基本的には今の会社に留まった方がいいでしょう。そんな中でも、転職活動をしてもいい人としないほうがいい人について紹介していきます。

転職活動をしてもいい人

転職をするなら採用活動を積極的にしていて、安全に仕事ができる業界で転職しましょう。IT業界なら採用を続けている企業も多く、リモートで仕事しているため比較的安全です。面接なども全てオンラインで行っており、研修や歓迎会までオンラインで行うケースも増えています。生活が一変して、ITサービスの需要が高まっているため、それをチャンスと考えている企業も少なくありません。コロナショックを機に転職して、新しいサービスに関わるのも面白いでしょう。ただし、コロナショックが長引けばIT業界の採用もストップする可能性はあるため、転職を考えている人は早急に行動を起こしましょう。

転職活動をしないほうがいい人

今、仕事と収入があるのであれば、無理して転職活動を行う必要はありません。ただし、コロナショックが長引けば、今の会社の存続も危険になったり、転職のハードルが上がったりするので、視野は広くもっておくことが重要です。いつでも就職活動ができるように、採用活動を行っている業界や企業を調べておいてもいいでしょう。

今すぐ転職活動をしない方でも、自己分析など自分ひとりでできる準備をしておくのがおすすめです。十分に準備をしてくことで、事態が収拾した後の選択肢が広がるでしょう。

コロナショック中の過ごし方

コロナショック中の過ごし方で、事態が収拾した後のキャリアの幅が変わります。今すぐ転職活動をする人もしない人も、コロナショックの間の過ごし方を見直してみてはいかがでしょうか

転職エージェントを活用する

コロナショック中に転職活動を行う人は、転職エージェントをうまく活用しましょう。コロナショック中は直接会社を見に行ったり、働いている人に会えないため情報収集は難しいものです。転職エージェントなら企業の雰囲気や文化についても知っているため、ネットで調べるだけでは分からない詳しい情報も聞けます。今は転職エージェントもオンラインでの面談を積極的に取り入れているため、家にいながら転職相談ができるでしょう。

リモートで仕事できる環境を整える

コロナショックによるリモートワークの推奨は長期化すると考えられています。短期的にリモートをするつもりだった方は、本格的にリモートワークできる環境を整えてはいかがでしょうか。座りづらい椅子や小さな机では仕事もしづらい上に、身体への負担も大きくなります。コロナショックが落ち着いた後も、リモートワークは一般化していくはずなので、自宅の仕事環境に投資しても決して無駄にはならないでしょう。

長期的なキャリアビジョンを考える

コロナショックで家にいる時間が長くなった人も多いはず。今すぐ転職するにしてもしないにしても、これを機に長期のキャリアビジョンを見つめ直してはいかがでしょうか。ネットで検索すれば、様々な企業が未来年表やこれから起きる社会の変化についてレポートにまとめています。今後、自分がどんな生き方、働き方をすればいいか考える時間を作ってみましょう。

オンライン講座でビジネスリテラシーを高める

コロナショックにより、オンラインでのセミナーが普及するようになりました。通常は有償のビジネスセミナーを無償で提供している企業もあるため、これを機にビジネスを学んでみましょう。コロナショック中の家での過ごし方が、事態が収拾した後の活躍を決めるはずです。

 

 

 

コロナショックで様々なことが制限されていますが、悲観することばかりではありません。家でゆっくりする時間も増えたと思うので、自分の将来などについて考えてみるといいでしょう。結果的に転職活動やこれからの仕事を成功させるための糧になるはずです。

 

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。