テレワークとは?メリットや導入が進んでいる仕事を紹介

IT技術の発展により、出社しなくても自宅やカフェで仕事をする方が増えています。「リモートワーク」や「テレワーク」などと呼ばれており、名前を聞いたり憧れを持ったりしている方もいることでしょう。

この記事では具体的にテレワークとはどのようなものか、どのようなメリットがあるのか紹介していきます。新しい働き方に興味のある方は参考にしてください。

テレワークとは

テレワークは厚生労働省が作成したガイドラインにおいて「パソコンなどITを活用した時間や場所にとらわれない柔軟な働き方」と定義されています。働く場所によって3つに分類されるので、それぞれ見ていきましょう。

在宅勤務型

自宅をオフィスとして働くことです。育児や介護で長時間家を空けられない人や、身体に障害がある方でも働きやすいテレワークの一種となります。

サテライトオフィス勤務型

主に都心に拠点のある大企業などが採用するテレワークの形で、地方にあるサテライトオフィスや他社と共同のシェアオフィス、コワーキングスペースで働くことを言います。災害や電力不足の際にも業務を継続できるというメリットがあります。

モバイルワーク型

外出先のカフェなどで働くことを意味し、主に営業職などオフィス外での業務が多い人向けのテレワークの一種です。スマホやモバイル端末などを使ってどこでも働けるようにするものです。

テレワークのメリット

労働者にとってテレワークがどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

通勤による時間とストレスがなくなる

テレワークを活用することで通勤が必要なくなります。通勤の時間を省ければ時間が生まれ、自分の時間を作りやすくなるでしょう。また通勤ラッシュによるストレスを無くすこともできるため、生産性が高まります。

介護や育児によって退職する必要がなくなる

これまでは女性を中心に、育児や介護を理由に退職してキャリアアップを諦めてた方もいるかもしれません。しかし、テレワークが導入されていれば、一時的にテレワークで働き、育児や介護が落ち着いたら復職するケースが増えています。

自分の仕事に集中できる

会社にいると自分の仕事に関係ない電話対応などの業務が発生したり、突然同僚から相談されて集中できない場合もあります。オフィス以外の場所では、自分の仕事に集中できるため生産性も高まり、短い時間で仕事を終えられるでしょう。

テレワークのデメリット

メリットも多いテレワークですが、デメリットも存在することを理解しておかなければなりません。

公私の切り替えをしなければならない

オフィスにいることで一定の緊張感が生まれ仕事に集中できる効果があります。家で仕事をすると仕事に切り替えるのが難しく、オフィスで仕事をするより生産性が落ちることも考えられます。

同僚にすぐに相談できるか分からない

オフィスですぐ近くに同僚がいる場合は、仕事で相談したいことがあればすぐに相談できます。しかし、それぞれがテレワークで仕事をしていると、相談をしてもすぐに返事があるとは限りません。場合によって部署全体の効率を下げることにもなり得ます。

過程ではなく成果で評価される

離れて仕事をするということは、上司が把握できるのは成果だけになります。これまで真面目な勤務態度が評価されてきた方も、テレワークとなると成果を出さねば評価されません。成果主義の方にとっては嬉しい反面、シビアな評価が苦手な方には合わないかもしれません。

テレワークの多い仕事

テレワークはどんな仕事でも可能というわけではなく、業界や職種によって導入具合は大きく変わります。テレワークで働きたいと思っている方は、テレワークの多い業界に転職を検討するのもいいでしょう。

システムエンジニア

IT業界は比較的テレワークの導入率が高いですが、その中でもシステムエンジニア(SE)はテレワークに向いています。SEはシステム開発の上流工程を行うので、クライアントとの折衝や打ち合わせも多く、テレワークに向いていないと思っている方も多いです。しかし、必要なミーティングにだけ足を運び、メンバーとのコミュニケーションはチャットツールや電話を利用して問題なくプロジェクトを推進できます。

営業職

営業職はテレワークに向いている仕事の一つで、客先に向かう移動中や商談の間の時間をカフェで仕事をするケースが増えています。1日に商談が何件か入っている場合は、会社に顔を出さずに働くことも可能です。ただし、営業職のテレワークをさせるには、経営側が業務プロセスを管理するシステムやコミュニケーションをとれる仕組みを整えなければいけません。

 

働き方改革の必要性が高まる現代において、テレワークはまっさきに検討される選択肢のひとつです。まだテレワークによるデメリットはありますが、技術の進歩や仕組みの改善によってよりよい方法が生み出されていくでしょう。子育てや介護をしながら働きたいと思っている方は、テレワークでの働き方に慣れておくのもおすすめです。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。