円満退職のために気をつけるポイントとは?メリットとともに解説

転職を考えた時に、転職活動とセットで考えなければいけないのが退職の仕方です。何事もなく退職できればいいですが、退職時にトラブルがあって内定取り消しになるケースもあります。転職活動を進める途中で、会社の辞め方についても考えなければいけません。

この記事では退職をする際に考えるべきポイントと、円満退職をするメリットについて紹介していきます。転職活動をしている方は参考にしてください。

退職する際に考える3つのポイント

退職をする際は、できるだけ会社に迷惑をかけないのが理想的ですが、あまり会社に気を遣っていると大きな損をすることにもなりかねません。ブラック企業に勤めている方は、一般的な会社の辞め方とは気をつけるべき点が異なるので、その点も踏まえて見ていきましょう。

【タイミング】理想は2ヶ月前。しかし、2週間前でもOK

会社と良好な関係を築いたまま退職したいのであれば、できるだけ余裕を持って退職を切り出すのがおすすめです。2ヶ月前に切り出せば、引き継ぎも十分にできる他、上司も余裕を持って仕事の分配や後任を探すことができるでしょう。

ただし、退職を切り出してから退職までに時間をかけるリスクもあります。企業はすぐに人材が欲しくて応募しているケースが多いので、入社まで数ヶ月もかかるとなると内定が出づらくなってしまうのです。余裕をもって退職するのが理想ですが、転職先の会社の都合によってはその限りではありません。法律的には最低2週間前に退職を切り出せば大丈夫です。

またブラック企業の場合、退職を切り出してからパワーハラスメントがひどくなる場合もあります。あまり早く退職を切り出すと、被害にあう期間がながくなるので、ギリギリで退職を切り出しましょう。

【転職理由】個人理由で大きな損を被ることも

会社をスムーズに退職するには、退職理由も重要な要素となります。曖昧な退職理由を伝えると引き止められてしまうので、明確かつポジティブな理由を伝えるのが効果的です。今の会社や処遇への不満を伝えると「改善するから考え直してくれ」と言われることもありますが、「こんな仕事にチャレンジしたい」と伝えると引き止められにくくなります。本音を隠してでも相手が納得できる理由を伝えることが大切です。

ただし、会社との関係に気を使って個人都合の退職とすると損をする場合もあります。「自己都合退職」の場合は、失業保険が3ヶ月しか受給されないためです。給与の未払いやパワーハラスメントがあるのに、我慢して自己都合で退職してしまうと被害者にも関わらず損することになります。明らかに会社に問題がある場合にも関わらず、「会社都合」の離職票出してもらえない場合は法令違反の証拠などを揃えてハローワークに提出しましょう。会社都合での退職と同じ扱いとなる「特別受給資格者」として認定されます。

【引き継ぎ】有休消化を計算してできる範囲で

一般的には、退職をする際は自分の仕事を残る社員に引き継ぎます。自分が退職した後のケアもしっかりすることで、企業からの印象もよくなるでしょう。新しい職場で心置きなくスタートを切るためにも、引き継ぎは十分に行っておくに限りません。

ただし、引き継ぎを完了しようするあまり、大きな損を被る可能性もあります。会社によっては、どうせ退職されるなら、少しでも多くの仕事をさせようとする会社もあるのです。そのため有休が残っているにも関わらず、退職日ギリギリまでかかるような量の仕事を押し付けられることもあります。引き継ぎは重要ですが、引き継ぎをしなくてはいけない法律はありませんし、会社は有休を要請されたら断ることはできません。有休は労働者に与えられた権利なので、有休消化を計算にいれたうえで、できる範囲の引き継ぎを行いましょう。

円満退職をするメリット

退職はどうしても会社に迷惑をかけてしまうので、円満に退職するには気を使う点も多いです。しかし長期的に考えると、手間をかけるのに見合ったメリットもあるので見ていきましょう。

退職後の手続きが楽

退職した後も、手続きのために会社に用意してもらわなければいけない書類などがあります。社会保険や税金の手続き、場合によって職務経歴の証明書を発行してもらうケースです。円満退職をすればストレスなく書類の用意をお願いできますし、企業も気持ちよく対応してくれるでしょう。

同僚や上司との関係が人脈になる

円満退職をすることで、今の会社の人間関係が強力な人脈になることもあります。転職後も仕事で力になってもらえたり、一緒に仕事をしたりする機会もあるかもしれません。特に同じ業界で転職した場合は、転職後も仕事で関わる可能性が高くなります。将来のキャリアを考えても、円満退社をして人脈を作っておくことは大きなメリットになります。

 

 

生涯雇用の文化が崩れた現代では、会社はいずれ辞めるものとして考えることも重要です。円満退社を繰り返せば、それだけ人脈が広がり自分の資産になっていくので、できれば会社とお互いに納得できる形での退職を目指しましょう。

 

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。