地方転職の3パターン。Uターン・Jターン・Iターンとは

最近は都市で働くのに疲れて、地方に移住する方が増えています。地方の求人を見ていると「Uターン・Iターン歓迎」などと記載されていますが、どのような意味でしょうか。

今回は地方へ移住する際に用いられる「Uターン」「Jターン」「Iターン」について、それぞれ紹介していきます。どんな人が地方移住をしているのかも紹介しているので、地方に興味のある方は参考にしてください。

地方移住の3パターン

早速、地方移住のパターン別に紹介していきます。

Uターン

Uターンとは、地方出身者の方が都会に出た後に、地元に戻ることを指します。例えば岩手県出身者の方が東京で就職し、その後転職して故郷の岩手に変えるケースなどが当てはまります。都会で身につけたスキルを地方で活かすことを期待され、歓迎する企業も多いでしょう。

Jターン

Jターンとは、地方出身者が進学や就職で都会に移住した後、故郷に近い地方都市に移住することを指します。例えば岩手県出身者の方が進学を機に上京し、東京の会社に就職した後、宮城県仙台市に移住するケースなどが当てはまります。都会で暮らすには疲れたけど、地元には仕事がなかったり生活の不便を感じる方が、ある程度の利便性と仕事があり自然も多い地方都市への移住を選択しています。

Iターン

Iターンは都市部出身の方が、地方に移住して働くことを指します。例えば東京の方が地方暮らしにあこがれて岩手県に移住するケースが当てはまります。田舎の豊かな自然やスロウライフに憧れて、Iターンをする方も少なくありません。

地方移住する理由

地方移住する人たちの理由は人それぞれです。主にどんな理由があって移住しているのか見ていきましょう。

都会の生活に疲れた

都会で働くことは地方で働くのに比べて様々な違いがあります。その代表的なものが電車通勤でしょう。地方の方の多くが車で通勤するのに対し、東京をはじめとする都市部では電車で移動するのが一般的です。そして電車通勤につきものなのが満員電車。毎日電車に押し込まれながら出社と帰宅を繰り返すことで、心身をすり減らす方も少なくありません。

また、東京ではハードな職場も多く、ノルマなどに追われて仕事をしている方もいます。仕事のノルマと上司などとの人間関係から、多大なるストレスを感じてしまうのです。東京の生活に疲れて、地元の空気や人間関係を求めてUターンをする方も少なくありません。

落ち着いた環境で子供を育てたい

出産を機に地方に移住するケースも多いです。都会の生活は便利である一方、子育てをする環境としては様々な問題があります。過度に人工が集中している地域では、保育園が満員で子供を預けられなかったり、安全に遊べる公園や施設が少ない点も挙げられます。車の通行量も多いため、危険なだけでなく空気汚染を気にする方もいるでしょう。

大人の生活には多少不便があっても、子育てを優先して地方に移住する方は決して少なくありません。特に自分の地元であれば慣れ親しんだ場所で安心して遊ばせられます。実家やもしくは実家の近くに住んでいれば、親に子育てを助けてもらえるため、子育ての負担も減らせるでしょう。また、地方によっては子育てしやすい環境を打ち出して、移住者を呼び込んでいる自治体もあります。縁もゆかりもない土地であっても、子育てのしやすさを求めて移住する親たちが増えているのです。

親や家族の介護のため

親や家族が病気になったり、年老いたことが原因で実家に帰って看病する方も多いです。中には親を都会に呼んで一緒に生活したり、介護施設に預ける方もいますが、親の強い希望で家や地域を離れたくないという事情でUターンする方もいます。今後、日本は少子高齢化が深刻化していくため、親の介護は誰もが考えなければいけない事柄です。親が元気なうちから、もし介護が必要になったときのことを考えて準備をしなければいけません。

地方ならではの仕事にチャレンジしたい

これまでは地方に移住することはキャリア的にマイナスのイメージがありました。地方には都会にあるような大企業やチャレンジングな仕事がないと思っている方も少なくありません。確かに昔はそうだったかもしれませんが、今は違います。

地方にもベンチャー企業やそれを支える環境ができつつあり、東京と同じような仕事環境ができつつあるのです。それは東京でもできる仕事を地方でしているのではなく、その土地だからできる事業を展開しているケースも少なくありません。最近では地方創生や自然環境に関する分野が注目され始め、東京で活躍していた優秀な人材が地方の企業に転職するケースも増えています。これからはキャリアアップのために地方に移住する方も増えていくでしょう。

 

 

これまでは生まれ育った地元やその近くに変える「Uターン」や「Jターン」が多かったのですが、最近では挑戦できる環境を求めてIターンをする方も増えています。もしも、東京で転職したい企業が見つからないという方は、地方の企業にも目を通してみてはいかがでしょうか。

 

 

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。