秋に転職活動するメリットと気をつけたいポイントとは

4月入社に向けて、2月から3月にかけて転職活動を行う方が多いですが、実は秋ごろの転職活動に様々なメリットがあるのをご存知でしたでしょうか。転職活動においてタイミングは非常に重要な要素です。これまで自分が転職したい時に転職活動をしてきた人は、時期についても考えてみてはいかがですか。

この記事では秋に転職活動を行うメリットについて紹介していきます。計画的に転職活動をしたい方は参考にしてください。

秋に転職活動を行うメリット

早速に秋の転職活動のメリットについて見ていきましょう。

年内に内定を出したい企業が採用に前向きになる

まずは企業の人事になったつもりで考えてみましょう。日本の企業は4月を年度始まりをしている企業が多く、10月は年度の後半が始まる時期です。そのため10月は下半期の事業体制にそって採用戦略も固まり、企業が中途採用に本格的になります。そして、年を開けてしまうと新卒採用の準備と、4月入社の受け入れのために忙しくなるため、できれば年内に採用を終わらせたいという気持ちが強くなります。その気持ちが採用担当者の内定決断を後押ししてくれるでしょう。

求人のバリエーションが豊富に

秋は採用のニーズが高まるだけでなく、募集する人材のバリエーションも豊富になりがちです。先述したように10月は下半期の事業戦略が決まる時期でもあり、新規事業や新しい取り組みにより普段はない採用ニーズが生まれることもあります。また、場合によっては翌年4月から始まる新しいプロジェクトの人員を採用するケースも考えられます。イレギュラーな求人が増えるため、普段は見ない業界や企業の求人を覗いてみると、自分に合った求人が見つかるかもしれません。

ライバルの数が減る

求人の数だけをみれば2~3月、もしくは8~9月が多いため、転職活動に適しているように思えます。しかし、それらの時期は転職活動をする人も増えるため、結果的に競争率が高くなってしまうのです。一方で秋は転職活動は落ち着くものの、夏の採用活動で採用できなかった会社は引き続き求人は出していますし、翌年に向けての採用活動も行っています。そのため競争率で比べた場合、他の時期に比べて有利であるといえるでしょう。

長期休暇を使って転職活動を進めやすい

秋はシルバーウィークをはじめ、3連休もあるため転職活動の準備をするのにおすすめです。転職活動で欠かせないキャリアの棚卸しや自己分析はできれば時間をとって行いたいもの。書類も余裕を持って作れますし、面接対策も行えるでしょう。時間の余裕が精神的な余裕にも繋がり、スムーズに転職活動を進められます。

冬のボーナスをもらってから転職できる

10月に転職活動を始めると、だいたい11月か12月に内定が出て1月か2月に入社するのが一般的です。そのようなスケジュールであれば、無理なく冬のボーナスをもらってから転職できます。あまりに仕事が忙しいという方は、冬のボーナスをもらってから退職し、転職活動に専念する選択肢もとれるでしょう。

外出するのに適した気温

転職活動をすれば自然と外にでることが多くなるもの。夏の暑い時期は汗や匂いのケアもしながら、転職活動を進めなければいけません。逆に寒い冬の時期は体調を崩す人も多く、スムーズに転職活動が行えない場合もあります。秋は暑すぎず寒すぎないため、転職活動を行うのに適した気温だと言えるでしょう。

秋の転職活動で気をつけるべきこと

メリットの多い秋の転職活動ですが、気をつけたいこともあります。

仕事の引き継ぎを丁寧に行う

秋は今働いている会社に入社する人も増える時期です。場合によってはあなたが仕事を教える役割を任されるかもしれません。転職活動で忙しくなっても、仕事の引き継ぎは丁寧に行って会社に迷惑がかからないようにしましょう。業界によっては秋に繁忙期を迎える企業もあるかもしれません。忙しい時期に退職されると会社の負担も大きくなるため、円満退社をしたいなら会社の都合も考えて転職活動を始めてください。

人材紹介社を活用して効率的に会社を探す

通常であれば、企業は春と秋に人を採用できる計画と戦略を考えています。そのため秋の採用は計画になかったイレギュラーな求人が出ていることも珍しくありません。その中には新しいプロジェクトにチャレンジできるチャンスなども眠っています。それらの求人を自分一人で探すのは容易ではありません。人材紹介社を活用すれば、自分では見つけられなかった面白い求人を見つけられるかもしれません。うまく活用して自分にあった求人を見つけましょう。

 

 

秋は様々な観点から見て転職活動をするのに適した季節と言えます。もし急いで転職する必要がないのであれば、秋までの間にゆっくり準備をしながら秋から本格的な転職活動を始めるのもいいでしょう。

 

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。