資金調達とは?調達金額から判断できること

転職活動をしていると「○億円資金調達しました」というニュースを見たことがないでしょうか。なんとなくすごい会社のように見えますが、本当にすごいことなのか判断できない方もいるでしょう。

今回は企業が資金調達するとはどういうことなのか、資金調達した金額をどう判断すればいいのか解説していきます。

資金調達とは

資金調達とは、その名の通り事業に使う資金を調達すること。銀行からお金を借りることも資金調達と言いますが、企業がわざわざアピールしている資金調達とは、投資家からの資金調達のことを指します。

銀行と投資家、同じ資金調達でも全く意味が違います。銀行からの資金調達は「負債」となるため、利息をつけて返済しなければなりません。しかし、投資家から資金調達は株を売って得た「資本」となるため返済する必要がないのです。ちなみに投資家たちは投資した企業が上場したり、買収された際に株を売却して利益を得ています。

つまり、投資家が企業に投資するということは、その企業が成長し上場や売却される可能性を見込んでのこと。資金調達を成功させた企業は、投資家からの期待が高いと言えるでしょう。また、資金調達をしたということは将来上場を考えているケースが高いため、転職後に条件がよくなることも予想できます。

なぜ投資家から資金調達するのか

なぜ企業は投資家から資金調達をするのでしょうか。返済しなくてもいいお金であることの他に、銀行からは多額のお金を借りられないことも理由にあげられます。銀行は貸したお金を返済してもらわなければならないため、返済できる見込みのある会社にしかお金を貸しません。

どんなに将来性のあるビジネスをしていても、社歴の浅い会社や売上の少ない会社には大きな金額を貸してくれないのです。一方で投資家は、企業に成長してもらわなければ利益がでません。

そのため、小さな会社であっても将来的に伸びる企業に投資してくれます。加えて、投資家は資金を投下する以外にも様々なサポートをしてくれるので、企業にとってのメリットが大きいのです。

逆に言えば、投資家から資金調達している企業は、創業から数年以内のベンチャー企業であることがほとんどと言えます。

資金調達金額と成長フェーズ

資金調達は通常、一回だけでは終わりません。企業の成長に合わせて何度か資金調達をしていくのが一般的です。企業のステージが進むほど必要な金額も大きくなるため、資金調達額も増えていきます。逆に言えば資金調達額を見れば、その企業がどのステージにいるかが分かるのです。

どのような成長ステージがあるのか見ていきましょう。

シードラウンド

シードラウンドとは、事業をスタートさせる際の直前直後の段階。まだ本格的なプロダクトができておらず、事業を開始させるために日々奮闘している状態だと言っていいでしょう。このフェーズはサービスを作るための資金が必要になるほか、会社の設立費用や人件費などがかかります。

このフェーズでは投資家といっても個人投資家(エンジェル)から投資を受けることも多く、金額も1億円未満となるケースがほとんど。親族や知人から出資を受けるケースも少なくありません。このフェーズでの資金調達はニュースになることもほとんどないでしょう。

シリーズA

サービスを公開し徐々に顧客も増えてきたものの、まだまだ黒字には遠いフェーズを「シリーズA」といいます。事業を成長させるために資金が必要ですが、まだ利益が出ていために資金調達を行います。

このフェーズになると、「VC(ベンチャーキャピタル)」から資金調達が注目を集めます。VCとはベンチャー企業に特化した投資機関のこと。どのVCから、どれほどの資金調達をしたかで、その後の注目度や成長にも大きな影響がでます。一般的に数億円程度の調達が多いですが、中には10億円を越えるケースも見られます。

シリーズB

シリーズBは、顧客も増え認知度も高まっているフェーズ。さらなる成長を目指して積極的な人材採用やマーケティングを強化するために資金調達を行います。調達した資金でCMを打つなど、世間的にも一気に認知度が高まるタイミングです。

シリーズBともなると、資金調達の金額も数十億と大きな額になります。メディアでも取り上げることも増え、転職活動をしていても目にとまることが多くなるでしょう。

シリーズC

シリーズCは一般的に最後の投資ラウンドとなります(例外もあります)。上場や企業の売却に向け本格的な準備のために資金調達するケースが多いとされています。

このシリーズとなると、出資者から経営の安定化や事業の加速を強く求められるようになり、それに比例して調達額も膨大になります。企業によっては100億円を越えるケースもあり、上場まで秒読みといったところでしょう。

 

 

 

ベンチャー企業の成長ステージと、資金調達の一般的な金額を紹介してきましたが、これは飽くまで今の一例です。資金調達環境はこの数年で大きく変化しているため、数年後には状況がまったく変わっているかもしれません。現に5年前は10億円も資金調達したら大きなニュースになっていましたが、今では100億円調達するケースも出ています。あと数年もしたら100億円調達するのも当たり前の時代になっているかもしれないので、チェックしてみてください。

 

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。