転職におけるリスクと不安を感じた時の対処法

転職を考えているのに、なんとなく不安で動けない方もいるのではないでしょうか。転職活動は人生を大きく変えてくれるチャンスであると同時に、様々なリスクも孕んでいます。転職の不安を払拭するには、まずはどのようなリスクがあるのか把握しなければなりません。

この記事では転職を不安に思う理由と、不安に感じた時の対処法を紹介していきます。漠然な不安を感じて転職活動ができない方は参考にしてください。

転職によるリスク

不安になる理由を曖昧にしたままでは、行動することはできません。まずは転職によるリスクを把握して、なぜ不安を感じるのか明確にしましょう。

転職活動がうまくいかないリスク

転職活動をはじめたとしても、必ず転職できるわけではありません。半年、1年たっても転職できないケースもあります。転職活動にはお金もかかれば手間もかかりますし、転職活動が長期化するほどコストは大きくなっていきます。また、企業に断られることは多少なりとも精神的なダメージになり、繰り返すと働くモチベーションを失ってしまうことにもなるでしょう。

転職活動をしていることを会社に知られるリスク

転職活動をしていることを会社に知られると、様々な不都合がある場合もあります。転職を考えていることをよく思わない上司がいれば、昇進や昇給が難しくなりますし、仕事がしづらくなるかもしれません。会社に知られて本当に転職できればいいですが、転職もできず会社での立場が悪くなることを想像したら、転職活動をする気にはなれないでしょう。

転職して今よりもひどい環境になるリスク

もし転職できたとしても、必ずしも環境がよくなるとは限りません。次の職場でも同じことで悩むかもしれませんし、別の悩みを抱えることも考えられます。今と同じような環境ならまだいいですが、今よりもひどい環境になる可能性だってあります。どんな環境か分からない会社に転職するよりも、多少我慢すれば働ける今の会社で働き続ける方が安心だとも言えるでしょう。

転職を繰り返して市場価値が下がるリスク

転職したからといって、次の会社で長く働けるとは限りません。次もすぐに会社を辞めてしまい、転職を繰り返してしまうと転職市場における市場価値が下がってしまいます。市場価値を下げないために、実績を出してから辞めることが重要です。

転職活動に不安を感じた時にやるべきこと

転職におけるリスクを把握したら、小さな一歩から転職活動を始めてみましょう。転職活動の一歩目としておすすめの方法を紹介していきます。

転職の準備から始めてみる

転職活動というと、転職サイトを開いて求人に応募することをイメージしている人もいるかもしれません。しかし、実際には転職サイトを開く前に準備すべきことがたくさんあります。それは自己分析です。なぜ転職がしたいのか、転職の先にどんな未来を描いているかなど、自分について理解を深めましょう。準備をするだけならリスクはありませんし、実際に転職活動を始めた時に役立ちます。

社外の人と交流してみる

自分の会社以外の人と話してみると、視野も広がり自分のキャリアや転職について考える上で様々な刺激を得られるでしょう。自分がやりたいことが明確に見えてくるかもしれませんし、逆に今まで気づかなかった自分の会社の魅力に気づけるかもしれません。

副業から始めてみる

いきなり転職をするのはハードルが高いと思うなら、まずは副業から始めてみるのもおすすめです。最近では副業社員を募集している会社も増えているため、空いた時間を活用して別の会社で働けるでしょう。実際に副業をすれば、自分のスキルが社会でも通用するのか分かるでしょう。副業での実績は転職活動でも活かせますし、仮にイメージと違って辞めてしまっても履歴書に記載する必要はありません。会社が副業を認めているか確認する必要はありますが、もし副業できるのであれば転職を疑似体験することができます。

目の前の仕事に集中してみる

転職はタイミングが重要です。なんとなく不安で動き出せないのは、今がタイミングではないからかもしれません。中途半端に転職のことを考えていると、目の前の仕事にも集中できなくてパフォーマンスが落ちてしまうことも。迷っているくらいなら、目の前の仕事に集中してやりきってみるのもいいでしょう。今の仕事に満足したり、どうしてもやりたいことが見つかった時は迷うことなく転職に踏み切れるでしょう。

転職エージェントに相談してみる

転職を不安に感じるのは情報不足が原因かもしれません。どんな流れで転職活動をするのか、何を準備すべきなのかが分からなくて動き出せない方もいます。自分でも調べられますが、よりリアルな情報を知りたい方は転職エージェントに相談するのがおすすめです。いきなり企業を紹介してもらうのではなく、悩んでいることを打ち明けて相談にのってもらいましょう。自分が転職できそうなのか、どのようにキャリアプランを立てればいいか教えてもらえるはずです。

 

 

昔に比べて転職は一般的になり、ずっと同じ会社で働いていることに不安を感じることもあるかもしれません。しかし、転職は自分のビジョンを実現するための手段でしかありません。転職活動を始める前に、まずは自分が何をやりたいのか、どんな風になりたいのかを自分に問うてみましょう。自分のビジョンが明確になれば、やるべきことも自ずと見えてくるはずです。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。