企業が30代女性の応募者に求めていることとは?転職を成功させるためのポイント

社会人として10年ほど過ごすと、今の仕事に物足りなさを感じたり、違うフィールドで活躍したい、と思う方が増えてきます。

また、「転職35歳限界説」を漠然と意識して30歳を境に転職活動を始める方も多いと思います。

転職のきっかけや理由は一人ひとり違うと思いますが、自分の希望や要求を押し通すだけでは転職活動は上手くいきません。企業が求めていることをしっかりと理解した上で、アピールすることが必要です。

では、30代の女性はどんなことを求められているのでしょうか?まずは、採用する企業側の考えを見ていきましょう。

30代の女性に会社が求めていること

同じ女性でも、20代と30代では求められていることがまったく違います。

即戦力として活躍してほしい

30代ともなれば、それ相応の経験を積んできているはずです。これまで培ってきた経験やスキルを活かして、すぐにでも企業にプラスになる仕事をしてもらいたいと思っています。そのため、専門的なスキルを持っているかどうかに加え、仕事で実績があるかどうかが判断のポイントになります。

優秀な人ほど幅広い仕事を任され、専門的なスキルがないことで悩む方も多いです。この場合は、優秀なキャリアコンサルタントを探して相談しましょう。職務経歴書では伝えきれない能力や人柄を、応募企業に伝えてくれるはずです。

マネジメント、管理能力

主体的に仕事に取り組む、目標を達成するために努力するなど、自分の仕事を全うするだけでなく、「人に仕事をさせる力」「人を教育する力」など、他者への影響力も求められます。

たとえリーダーやマネージャーのポジションの募集でなくても、30代はそのような役割を求められていることを理解しておきましょう。役職がなかったとしても、部下の教育や仕事全体を管理した経験をアピールすることは、少なからずプラスになります。

チャレンジ精神

30代になると社会のことが分かってきて、安定志向になっていく人が多いです。しかし、成長している会社ほどチャレンジ精神を持ち続けている30代を求めています。

新しいスキルを身につけたり、経験のないことでも「まずはやってみる」姿勢で仕事に取り組む姿勢は、高評価に繋がります。

柔軟性、順応性

30代は20代に比べて経験がある分、「自分のやり方」が決まっている人も増えてきます。仮にこれまで成果を出せていたとしても、業界や仕事が変われば「自分のやり方」が上手くいくとは限りません。

そこで必要なのが、環境や物事を柔軟に受け入れられる姿勢(=柔軟性)です。また、新しい職場にすぐに馴染める順応性も重要です。

30代の女性が転職を成功させるポイント

20代に比べ、30代では企業から求められることが多く、またレベルも高くなります。そんな中で、転職を成功させるには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。

キャリアに一貫性を持たせる

職務経歴書をパッと見た時に、職種も業界もバラバラでちぐはぐになっていないのでしょうか。違っている場合には、『〇〇を学んだことで〇〇にチャレンジしたくなった』など、これまでのキャリアのストーリーを伝えることが必要です。

短期的な視点だけで転職先を決めているとキャリアに一貫性がなくなり、企業から「行き当たりばったりに行動する人だ」と思われてしまいます。

結婚や出産、夫の転勤などで退職するリスクが少ないことを伝える

企業が30代女性を採用する際に一番気になることが、ライフイベントによって退職や働き方が変わってしまうことです。結婚や出産を予定しているのであれば、その後の働き方についても伝えておきましょう。

例えば出産後の働き方を夫婦で話し合っているのであれば、その旨を伝えておきましょう。あらかじめ伝えておくことで、入社後のトラブルを防ぐこともできます。

成長したい、学びたい、だけはNG!企業へ貢献できることをアピールする

キャリアアップを目的とした転職それ自体は、前向きで素晴らしことです。しかし、30代になって「成長したい」「学びたい」だけでは物足りません。

自分がどんなことができて、それにより会社に対してどんな貢献ができるのかアピールしましょう。

年収にこだわりすぎない

年収アップを目的とした転職は悪いことではありませんが、あまり固執しすぎると、チャンスを逃してしまうことも。

採用する側に立って考えればわかりますが、いくら優秀であっても実績を出していない人に高い給与を払うのはリスクが高すぎます。

そのため、年収が現状維持、もしくは少し下がるくらいであれば、検討してみることが必要です。転職後すぐは年収が下がってしまったとしても、実績が出せれば自然と年収も上がっていきます。

もしどうしても年収アップを狙うなら、インセンティブや昇給の有無、3年後、5年後の年収例を聞いてみると、イメージがしやすくなるはずです。

30代は、20代の経験を活かし、40代以降のキャリア、生き方を決定づける大事な時期です。20代で努力してきた方は、その成果を30代で発揮してより飛躍することができます。

逆に20代でパッとしなかった方が、30代で実を結ぶこともあります。いずれにせよ、40代、50代での生き方を見据えて転職活動を行うことが大切です。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。