営業で磨かれるスキルとキャリアチェンジにおすすめの職種

営業職から別の職種にキャリアチェンジを希望する方は少なくありません。「ノルマを追うのがしんどい」「ライフスタイルが変わって、長時間働く営業はできない」など、その理由は様々。では、実際に営業から別の職種にキャリアチェンジすることはできるのでしょうか。

営業は実績の世界なので、自分が成長は成果でしか見えないかもしれません。しかし、仮に成果が出ていなくても営業を続けていることで磨かれているスキルというものもあります。それをしっかりアピールできれば、他の職種にキャリアチェンジできる可能性もでてくるでしょう。

今回は、自分では気づきにくい営業職のスキルと、営業と相性のよい職種を紹介していきます。

営業で身につくスキル

営業はビジネスの根幹を担っているといっても過言ではありません。成績が上がらないと自分の成長を感じられないかもしれませんが、営業を続けていることでスキルは着実に磨かれているはずです。どのようなスキルが身につくのか見ていきましょう。

コミュニケーション能力

営業にコミュニケーション能力は必須です。それも、ただ会話を続けるという意味ではなく、相手の意図を汲み、ニーズにあった提案をしなければいけません。この力は全ての職種に必要な能力と言えますが、営業ほどこのスキルを磨ける職種はないでしょう。営業では社外の人に使っていたスキルだと思いますが、社内でも使うとあらゆる仕事における武器になるはずです。

スケジュール管理能力

営業をしていると自然とスケジュール管理能力も身につきます。営業は社外との打ち合わせも多く、細かいスケジュール調整が求められるからです。また、常に目標を意識して仕事をするのが常なので、目標に対してどのようなスケジュールを敷くべきか考えられるようになるでしょう。この力も、どの仕事においても必要なるスキルなので、キャリアチェンジしても強力な武器になります。

情報収集・分析能力

営業は相手と相対した時に始まるものではありまえん。商談することが決まったら、商談のための準備が必要です。商談を成功させるために、商談相手の情報を収集し、どのような課題を抱えているか分析するでしょう。どんな仕事をするにしても、この情報を集めて分析する力は欠かせません。集める情報に違いはあっても、情報の集め方さえわかっていれば十分に応用できるでしょう。

営業からキャリアチェンジするのにおすすめの職種

では、どのような職種なら営業の経験が活かしやすいのか、おすすめを紹介していきます。

営業事務

営業事務は営業をサポートする仕事。営業をしていたならお世話になっていた方も多いのではないでしょうか。営業に近い場所で仕事をするのですから、営業の経験が活きるのも納得ですよね。営業とは違い、外回りをする必要がないので、働く時間を減らしたい方などにもおすすめです。

営業のサポートとはいえ、営業事務は簡単な仕事ではありません。サポート次第で営業のパフォーマンスは何倍にも変わるのでしょう。営業の経験があれば、どんな資料が必要になるのか、どう言う風にスケジュールを調整してくれれば動きやすいのかイメージができるでしょう。

営業の人をお客さんだと思ってコミュニケーションすれば、どんなニーズがありどんな提案をすれば喜ばれるかわかるはずです、営業の経験が最も活きる仕事とも言えるので、ぜひ検討してみてください。

企画職・マーケティング職

営業で培った情報収集スキルや分析力を活かしやすいのが、企画職やマーケティング職です。実際に営業職からキャリアチェンジする方も少なくありません。企画職とは扱っている商品やサービスに関するニーズを把握して分析し、商品の改良や新しい商品を企画する仕事。営業をしてきた方なら、顧客がどんなニーズを抱えているのかイメージできますし、どうすればニーズを拾えるか情報収集の仕方も分かるはずです。

また、マーケティングは市場のデータからものを売る仕組みを作る仕事。こちらも市場を正しく把握する力がなければ成果が出せません。顧客ニーズを集めて分析する力はマーケティングでもしっかり活かせるでしょう。

カスタマーサクセス

最近の営業で注目されている職種がカスタマーサクセス。顧客が自社の商品を使って望ましい結果をえるための支援をする仕事です。商品は買っただけで成果が出るとは限らず、正しく使いこなせなければいけません。カスタマーサクセスは顧客がどのような課題を抱えているのか把握し、どのように商品を使えばよいのか提案しなければなりません。

既に商品を買っているお客様を相手にする仕事ですが、カスタマーサクセス如何で継続率やリピート率に大きな差が生まれます。営業やマーケティングのような派手さはありませんが、売上に直結する重要な仕事です。

 

 

営業は最もお客さんと接する仕事です。つまりお客さんが何を求め、どのように提案すれば買ってもらえるか一番分かっている職種とも言えます。仕事のほとんどは、どうしたらお客さんに価値を提供できるかに尽きるので、営業で身についたスキルはどんな仕事に応用できると言えるでしょう。キャリアチェンジは大きな不安が伴いますが、自分が培ったスキルを活かしてぜひ成功させてください。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。