テレワークうつとは。原因と対策

コロナ禍によって強制的にテレワークにシフトした方も多いでしょう。通勤もなく、家族と一緒にいる時間が長くとれるなど、ポジティブに捉えている人がいる一方で、「テレワークうつ」にかかっている人も増えています。

この記事では、なぜテレワークによってうつになってしまうのか、テレワークうつにならないためにどのような対策が必要なのか紹介していきます。テレワークで疲れやストレスを感じ始めている方は参考にしてください。

テレワークうつとは

テレワークうつとは、テレワークが原因でストレスが溜まってしまい、結果としてうつ状態になってしまうことを指します。特に今回はコロナウイルスの感染拡大を阻止するために、急ピッチかつ強制的にテレワークを導入した会社も多くあります。外出もなかなかできずに、慣れない環境に急に順応しなければいけないというプレッシャーがストレスになり、脳疲労として蓄積されてしまうのです。結果としてうつ状態になってしまうことが、テレワークうつと呼ばれるようになりました。

テレワークうつになる原因

テレワークの中には、うつを導くいくつかの要因があります。どのような要因があるのか把握して対策を練りましょう。

オンオフが切り替えにくい

職場に出勤している時は、始業や終業、休憩時間などの時間が決まっており、出勤や帰宅時には外を歩くことで気持ちを切り替えられていました。しかし、テレワークでは外に出ることなく仕事が始まる上に、終業の時間も曖昧になってダラダラ仕事を続けてしまうことも少なくありません。お昼ごはんも仕事をしながら食べてしまうなど、どこからどこまで仕事なのか区別がつきにくくなってしまうのです。結果的に集中も続かず、疲労が溜まりやすくなってしまいます。

慣れない仕事環境

新しいことを始めることは、多かれ少なかれ脳にストレスを与えます。徐々にテレワークに慣れていければよかったのですが、強制的にテレワークに移行してしまったことで、大きなストレスを感じてしまうのもムリはありません。新しいツールの使い方を覚えるストレスの他、家族に気を使いながら仕事をするなど、慣れない環境にストレスを感じている方も少なくないでしょう。

コミュニケーション不足

相手にもよりますが、人とのコミュニケーションはそれだけでもストレス発散になります。会社に行っていれば、仕事以外の雑談など、人と話す機会は多々あったと思いますが、テレワークではそうもいきません。チャットツールで仕事の連絡はできても、ちょっとした雑談ができずにストレスを溜めている人も多いはずです。

テレワークうつを予防するためには

テレワークにはうつになる要因がいくつかあるものの、普段の生活をちょっと工夫するだけで予防できます。どのような工夫があるのか見ていきましょう。

時間を管理する

仕事のオンオフができていないと感じる方は、時間管理の仕方を工夫するのがおすすめです。何時から何時まではどの仕事をするのか決めて、時間内に仕事を終わらせるようにしましょう。時間内に終わらなくても自分を責める必要はなく、再度スケジュールを調整します。休憩時間も「午前中の仕事が終わったら」と曖昧にするのではなく、時間を決めて仕事が終わっていなくても休憩時間に入ります。休憩時間はPCを閉じるなどして、仕事から完全に離れることも重要です。

適度に身体を動かす

出社している時は、意識しなくても行き帰りに歩いていた人も多いと思います。テレワークになるとそれすらもなくなり、一日中PCの前にいる人も少なくありません。それは肩や首のコリ、目の疲れの原因になるだけでなく、姿勢が悪くなって精神にも悪影響を及ぼすことになるのです。

普段運動をする習慣のない人は、これまでの出勤・帰宅と同じ時間に家を出て散歩しましょう。身体が動かせるほか、日光にあたり外の空気を吸うだけでストレスを軽減させ、頭の回転を早める効果があります。また、仕事の合間にも定期的にストレッチをするのもおすすめです。

リモート飲み会を開催する

テレワークになって人とのコミュニケーションが減ったと感じる方は、リモート飲み会を開催するのもおすすめです。仕事のメンバーでもいいですし、仕事が関係のない友だちでも構いません。おいしい食事やお酒を飲みながら、仲のいい人と会話をするのはそれだけでも楽しいものです。ただし、お酒が残るほどの飲みすぎには注意しましょう。

家以外で仕事をする

ずっと家にいて気が滅入っている方は、安全に仕事ができるスペースを探しましょう。感染対策を徹底しているワークスペースやカラオケなら、集中して仕事にも取り組めるはずです。ワークスペースに向かうために歩くことにもなるので、一石二鳥です。

 

 

テレワークは本来、仕事のパフォーマンスを上げ、ワークライフバランスを整える働き方です。しかし、急かされる形でテレワークを強制されたことによって、副作用も起きています。もしテレワークによって、大きなストレスや疲れを感じている方は、日々の生活を見直して健康的なワークスタイルを築き上げてください。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。