不動産業界に転職するのにFPの資格取得は役に立つの?

お金のことについて学べるFP(ファイナンシャルプランナー)の資格ですが、不動産業界に転職する際に役立つ資格なのでしょうか?

本記事では、不動産業界への転職とFPについて解説していきたいと思います。

不動産業界におけるFPの役割

不動産業界への転職を考えている方が、不動産業の資格として一番に思い浮かべるのは宅建士ではないでしょうか。

確かに、宅建士は不動産仲介を行うにあたり、必ず事務所に一定人数以上配置しないといけなかったり、重要事項説明の際に必要だったりと、非常に重要な資格です。

一方、FPはそうした、不動産業における独占業務(資格を有する者でなければ携わることを禁じられている業務)はありませんが、不動産を扱う際には大きなお金が動くということもあり、FPで学ぶ内容は不動産業務においても非常に役立つものが多くなっています

FPってどんな資格?

FPはファイナンシャルプランナーのことで、お金の専門家だと考えるとよいです。

FPの勉強では、以下6つの分野をそれぞれ勉強していくことになります。

  • ライフプランニングと資金計画
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング(税金)
  • リスク管理(保険)
  • 不動産
  • 相続・事業承継

FPの分野の中に「不動産」の項目が入っているのはもちろん、不動産購入前にはライフプランニングをすると効果的ですし、金融資産として不動産を扱ったり、不動産投資を提案したりする業務に従事することもあるでしょう。

その他、不動産売却時にかかる税金や、不動産購入前に加入する火災保険や団体信用生命保険将来の相続の問題など、いずれにおいても不動産が大きく関わる分野だということができます。

不動産業界に転職するならFPを取得しておくべき?

不動産業界に転職するにあたり、FPの資格は役立つことをお伝えしましたが、取得しておくべき資格なのでしょうか?

この点、資格を取得すればプラスに働くこともあるでしょうが、絶対に取得しておくべきだとまではいえません

業務上は外部のFPに依頼すればよい

というのも、不動産を提案するにあたって、ライフプランニングなどが必要な場合は、外部の専門会社に所属するFPの方に依頼すればよい、といえるからです。

やはり、FPの資格を保有して不動産業務に従事している人と、専門会社に所属しているFPとでは専門分野に関する知識量が違います。

また、利用者としても第三者の立場から客観的なアドバイスを貰った方が納得しやすいもの。

所属している不動産会社がFPと提携しているのであれば、営業がうまくいくよう協力してくれるはずです。

そうした提携FPがいないのであれば、会社に提携先を探してもらうよう、お願いするのもよいでしょう。

FPを取得しておけばその知識を生かせる

とはいえ、もちろんFPを取得しておけば、お客様への提案時にその資格を生かせることは間違いありません。

賃貸仲介や売買仲介、不動産投資など営業職であれば広く業務に活かすことができます

FP取得で転職が有利になる?

FPの知識が業務に役立つことはお伝えしましたが、取得しておくことで書類選考や面接が有利になることはあるのでしょうか?

FP取得がプラスに働くことはある

結論からいうと、FP取得はプラスに働くことはあるでしょう

営業職として働いていると、実際にお金のことを扱う機会は多いでしょうから、面接官もそのことは理解しているはずです。

宅建士ほどではありませんが、PRの材料にはなるといえます。

PRの材料にするなら2級取得がおすすめ

不動産業界への転職時に、資格をPRするのであれば2級を取得しておくのがおすすめです。

FPには3級、2級、1級がありますが、このうち3級の合格率は50~70%と高く、資格を保有しているからといって知識を持っていることの証明にはなりづらいです。

一方、FP2級の合格率は40%程度。

金融機関によっては管理職にあがるための必要条件としているケースもあり、十分にアピールできるレベルだといえます。

もちろん、FP1級になればより専門的な知識を学べますが、合格率は10%程度。

費用対効果を考えるとあまりおすすめできません。

不動産業界への転職にFP資格は必須ではないが業務としての需要は高い!

不動産業界への転職を考えている方に向けて、FP資格取得の是非についてお伝えしました。

不動産業界の営業職における資格としては、やはり独占業務のである宅建士の需要が高いですが、FPはそれに次いで需要の高い資格だといってもよいでしょう。

興味のある方は、一度参考書を覗くなどしてみてはいかがでしょうか。

投稿者: 逆瀬川 勇造

明治学院大学卒。地方銀行勤務後、転職した住宅会社では営業部長としてお客様の住宅新築や土地仕入れ、広告運用など幅広く従事しました。2018年よりP.D.Pを設立。WEBを通して不動産に関する問題解決を目指します。 保有資格:宅建士、FP2級技能士(AFP)、住宅ローンアドバイザー、相続管理士