地方から東京への転職活動を成功させるポイントとは?

地方に住んでいる方が東京で転職活動を行う場合、転職先としてメリットがあるのかといった点はもちろんですが、それ以外にも交通費や宿泊費といった問題も考えなければなりません。

本記事では、そうした問題に対処するため、地方から東京への転職活動を成功させるポイントをお伝えします。また、在職中から転職活動を行うのと退職してから行うのとではどちらがよいのかについても、解説していきます。

地方から東京への転職活動は在職中、退職後、どっちがいい?

地方から東京への転職を考えた場合、在職中に転職活動をすべきか、それとも退職してから転職活動をすべきか悩む方が多いと思います。。

以下で、それぞれのメリット・デメリットをみていきたいと思います。

在職中に転職活動をするメリット、デメリット

まず、在職中に転職活動するメリット・デメリットには以下のようなものがあります。

  • メリット:転職が決まらない場合そのまま仕事を続けられる
  • メリット:金銭面の不安が少ない
  • デメリット:面接のスケジュール調整等が大変
  • デメリット:会社にばれないように活動する必要がある

在職中に転職活動するメリットとしては、仮に転職先が決まらなかったとしてもそのまま仕事を続けられるということが挙げられます。

東京で働くために転職活動を開始したものの、実際に面接を受けてみると理想とは違うと感じることもあるでしょう。

逆に、現在の職場のよさが見えてくることもあるかもしれません。そうなった場合、在職中であれば方向転換しやすくなります(転職活動をやめるという選択肢もある、ということです)。

また、金銭面の不安がないことも大きいです。

気持ちに余裕を持って転職活動できるため、ブラック企業に引っ掛かってしまったり、生活費の不安から焦って入社を決めてしまうというリスクを避けやすくなるでしょう。

一方、デメリットとしては、スケジュール調整が大変なことや、会社に転職活動をしていることを言えないことからくるストレスを感じやすいことが挙げられます。

退職後に転職活動をするメリット、デメリット

一方、退職後に転職活動をするメリット・デメリットには以下のようなものがあります。

  • メリット:時間をかけて企業研究できる
  • メリット:面接時に東京で泊まるホテルを用意することが不要
  • デメリット:収入がなく不安を感じやすい
  • ・デメリット:転職先が決まらないと転職しづらくなっていく

退職してから転職活動をする一番のメリットは、活動に労力を割けるという点です。

退職後に上京して東京で転職活動をすれば、面接時に東京でホテルに泊まる必要もなく、地理も把握しやすくなります。

一方、デメリットとしては転職活動期間中の収入がないため不安を感じやすいということが挙げられます。冷静さを失い、慌てて転職活動を行ってしまっていては本末転倒です。

また、転職先がなかなか決まらないと離職期間が長くなってしまいます。半年や1年以上の離職は応募先企業での心象が悪くなるため、どんどん転職しづらくなってしまいます。

地方から東京への転職を成功させる5つのポイント

地方から東京への転職を成功させるにはどのような点に気をつけるとよいのでしょうか。

以下、5つのポイントをお伝えします。

東京で開催している転職フェア、イベントに参加する

東京で開催されている転職フェアやイベントを活用しましょう。

1社ずつ面接のスケジュールを調整して、そのたびに上京するのは、時間や費用の面でかなりの負担になります。

その点、転職フェアであれば、複数の企業にその場で話を聞きくことができ、採用試験(一次面接)を受けられる可能性もあります

交通費、宿泊費を準備しておく

地方から東京での転職を目指す場合、面接の度に上京しなければならないため、費用を用意しておく必要があります。主に考えておくべきなのが、交通費と宿泊費です。

自分の住んでいる地域から東京まで新幹線や飛行機でどのくらいの費用がかかるのか、場合によっては夜行バスなどの利用も可能なのか調べておくといいでしょう。

内定がなかなか決まらないことも想定して、多めに費用を見積もっておくようにしましょう。

電話やオンラインで一次面接をしてくれるか聞いてみる

会社によっては一次面接を電話やオンラインで対応してくれることもあります。

地方から東京への転職を考えている方にとって、非常にありがたいといえるでしょう。

対外的に告知していない場合でも、ケースバイケースで対応してくれることもあるので、一度、相談してみるといいでしょう。

東京で面接をする際には1日に3社以上まとめる

東京で面接をする際には、交通費や宿泊費の問題から、1日で3社以上まとめて受けることをおすすめします。

また、宿泊費を低く抑えられるのであれば、何日か泊まってしまうほうが体への負担も少なく効率よく転職活動を進められます。

地方からの転職するという事情を伝えれば、ある程度の日程調整は融通をきかせてくれる会社が多いはずです。

転職エージェントを使う

東京で転職活動をするのであれば、東京の転職エージェントを使うことをおすすめします。

以下に、転職エージェントを使うメリットを解説します。

書類の通過率が高まる

転職エージェントは転職先の人事担当者とつながりがあるのが一般的です。そのつながりが強いほど、書類選考に通過しやすくなります。

また、転職エージェントによっては、履歴書や職務経歴書などの応募書類を、転職先の企業が求める形にうまく編集してくれたり、アドバイスをくれたりすることもあります。

東京の転職エージェントならではの情報を持っている

いくらインターネットが普及しているからといっても、東京にいる場合と比べて、地方にいると、東京の企業についての情報は得にくいものです。

転職エージェントは普段から多くの企業の人事担当者や転職希望者から情報を得ており、東京の転職エージェントならではの情報を持っています。

まずは、情報を得ることだけを目的に転職エージェントに相談してみるのもありでしょう。

面接日の調整をしてくれる

転職エージェントに事前に伝えておけば、複数の企業の面接日の調整をしてくれます。

その後の採用フローなども見ながら調整してくれるため、日程の調整が難しい地方からの転職活動者にとってはありがたいところです。

交渉や手続きをしてくれる

独力で転職活動していると、自分のよさを伝えられるのは書類と限られた面接の時間しかなく、落とされてしまえばその後にアピールする機会はありません。

しかし、転職エージェントが間に入っていれば、面接に落ちた後でも再プッシュしてくれることがあるなど、採用がうまくいくよう交渉してくれます。

また、給与交渉や採用が決まった後、就業するまでの手続きなどを代行してくれることもあります。

基本的には在職中から転職活動しよう

地方から東京で転職活動する方に向けて、在職中から転職活動したほうがよいのか、退職してから転職活動したほうがよいのかそれぞれのメリット・デメリットをお伝えするとともに、転職活動を成功させるポイントをお伝えしました。

転職が決まらない場合のリスクなどを考えると、基本的には在職中から転職活動することをおすすめしますが、在職中の転職活動だと日程調整がやっかいです。

そうした場合は、転職エージェントを活用すると自分の手間や労力を減らすことができます。ぜひ、利用を検討してみてください。

投稿者: 逆瀬川 勇造

明治学院大学卒。地方銀行勤務後、転職した住宅会社では営業部長としてお客様の住宅新築や土地仕入れ、広告運用など幅広く従事しました。2018年よりP.D.Pを設立。WEBを通して不動産に関する問題解決を目指します。 保有資格:宅建士、FP2級技能士(AFP)、住宅ローンアドバイザー、相続管理士