優秀なキャリアアドバイザーと出会うには。5つの特徴を紹介

転職の力強い味方となるキャリアアドバイザー。これまでお世話になった方も多いと思いますが、大事なのはどのキャリアアドバイザーのお世話になるか。人によってスキルが大きく違うため、いいキャリアアドバイザーとの出会えるかは、転職の成否を左右すると言っても過言ではありません。

今回はいいキャリアアドバイザー特徴を5つ紹介します。いいキャリアアドバイザーと出会って転職を成功させたい方は参考にしてください。

ヒアリング能力が高い

キャリアアドバイザーには高いヒアリング能力が欠かせません。うまくヒアリングできなければその人の強みややりたいことを引き出せず、結局いい転職をサポートできないからです。

ではヒアリング能力が高いとはどういうことでしょうか。シンプルにあなたが「質問に答えやすいか、答えにくいか」で判断してください。ヒアリング能力が高い方は、答えやすい質問を投げかけてくれますし、回答に対して深堀りしてくれるので話が広がります。話しているうちに、あなたが気づいていなかった強みやビジョンも見えてくるでしょう。

逆にヒアリングが下手な場合、答えにくい質問をされた挙げ句、返答も拾ってくれないので徐々に答えたくなってくるはず。新しい気付きも得られないまま、ただ尋問されるだけの苦痛な時間になるでしょう。

求人情報や業界に独自の情報、見解をもっている。

いいキャリアアドバイザーは、求人票や企業のWebサイトに掲載されていない独自の情報を持っています。例えば過去に転職した人からフィードバックをもらったり、人事や経営陣などと飲みに行く仲で素の人柄まで知っていたりすることも。

また、そういった情報も踏まえて自分なりの見解を持っているキャリアアドバイザーは優秀と言えるでしょう。単に「いい会社です」ではなく「こんな人には向いているけど、こんな人には向いていないかも」とイメージしやすい情報に置き換えて説明してくれるはずです。

逆に質の悪いキャリアアドバイザーは求人票に載っている情報しか知らないので、目の前で読んで教えてくれるだけです。質問しても「調べておきます」しか言えないので、相談する意味はないでしょう。

対応や連絡が速い

転職活動はスピードが命になることもあります。例えば2社の内定をもらっている時に、一つだけ気になっていることをキャリアアドバイザーに聞いてもらっていたとしましょう。すぐに返答をくれれば決断もできますが、もし返答が遅い場合は情報がない中で決断を迫られることもあるのです。

転職の相談をするなら、対応・連絡が速いキャリアアドバイザーにしましょう。対応が遅いキャリアアドバイザーは仕事ができないか、あなたのことを優先度が低い人だと判断しているかのどちらかです。いずれにしても、あなたにとっていいキャリアアドバイザーではないので、別の人に変更してもらった方がいいでしょう。

ただし、キャリアアドバイザーにいい対応をしてもらうためには、あなたも丁寧に対応してください。いつまでたっても書類を提出しない人や、連絡を無視しているとキャリアアドバイザーも同じような対応になるのは無理もありません。キャリアアドバイザーも人間なので、真剣に向き合ってほしいなら、あなたも真剣に向き合いましょう。

転職するリスクや現職を続けるメリットも提案してくれる

キャリアアドバイザーは、顧客が転職して始めて売上になります。そのため無理矢理にでも転職させたがるキャリアアドバイザーも少なくありません。そのような人はあなたのキャリアのことなど考えていないので、いい転職ができるかどうかは運次第です。

いいキャリアアドバイザーはフラットにあなたのキャリアについて考えてくれる存在。

「今転職しても、どこもいい条件では採用してくれないよ。今の会社で頑張って実績を出してから改めて転職活動をしてみない?」

もちろん転職しなければキャリアアドバイザーに何のメリットもありませんが、このような提案をしてくれる人は信頼できるでしょう。信頼できる人にはいざという時に相談したくなるので、結局いいキャリアアドバイザーは成果が出せるのです。

他社のエージェントとの掛け持ちを許してくれる

複数のキャリアアドバイザーに相談すれば、それだけ多くの求人情報がもらえるので、それだけ転職に有利になります。それにも関わらず「他の会社には相談しないでください」と言うキャリアアドバイザーは少なからずいます。

他の会社を経由して転職すれば、そのキャリアアドバイザーの成果にならないからです。そのようなスタンスで仕事をしているキャリアアドバイザーは、あなたにいい転職をしてもらいたいのではなく、自分の成果をあげたいだけ。もし相談を続けたとしてもいい転職はできないでしょう。

 

 

 

キャリアアドバイザーは十人十色です。その中から自分に合った人に出会える確立は決して高くありません。いい転職をするには、まずいいキャリアアドバイザーとの出会いから。そのためには、いいキャリアアドバイザーに出会う努力を怠ってはいけません。一人目からいいキャリアアドバイザーに出会えるのを期待するのではなく、まずは10人に相談してからいい人を絞る気持ちでいたほうがいいかもしれませんね。

 

 

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。