高卒の転職事情|高卒でも転職しやすい業界・職種を紹介

高卒で社会に出た方の中には、学歴が原因で転職のしづらさを感じている人もいるのではないでしょうか。「学歴不問」と書かれている求人に絞らなければいけない上に、それでも大学卒の人と差をつけられているように感じる方もいるでしょう。

今回は高卒の転職事情と、高卒でも転職しやすい業界や職種を紹介していきます。特に、転職のしづらさを感じている高卒の方は参考にしてみてください。

高卒の転職事情

まずは高卒の転職事情がどのようになっているのか、データをもとに見ていきましょう。

3年以内の離職率

厚生労働省のデータによると、高卒の方が就職して3年以内に辞める割合は約4割です。同じく大学卒業の新入社員が3年以内に辞める割合は約3割。大卒に比べて高卒の方が3年以内に辞める割合が若干高いといえます。

このことから、「大卒の方が長く会社に勤めてくれる」という印象になります。企業の人事担当者からすると、優秀かどうかというのと同じくらい、長く働いてくれるのかも重要なポイントになります。この観点から考えると、高卒であることはハンデになるかもしれません。

参考:新規学卒就職者の離職状況(平成27年3月卒業者の状況)

学歴不問の求人の割合

高卒でも応募ができる「学歴不問」の求人は、全体のどれくらいの割合なのでしょうか。転職サイトd0daの調査によると、全体の約4割程度とのこと。残りの約半数以上の求人は、高卒では応募すらできないことになります。

参考:doda「学歴は中途採用で求められる?−学歴と転職の関係−

高卒の転職が難しい理由

続いて、高卒だと転職が難しい理由についても見ていきたいと思います。

高校での就職活動と違い、大卒がライバルになる

高校で就職活動を行う時は、一緒に就職活動をするライバルも高校生でした。しかし転職活動では、内定の座を争うライバルには大卒もいます。単純に数が増えること以上に、高卒にとっては厳しい状況であると言えます。

先に紹介したように、大卒の方が長く働いてくれるというデータがあるため、大卒はそれだけでアドバンテージがあります。転職市場においてはじめから不利な状況にある高卒の方は、それを覆すだけのスキルやアピールが求められます。

学歴不問といいつつ、選考では学歴重視の会社も多い

学歴不問の求人は全体の半数にも満たないと説明しましたが、本当に学歴をまったく気にしていない企業は、ほんの一部です。学歴不問といいながらも、実際には進学校など一部の高校以外は足切りされるケースも少なくありません。

もしあなたが進学校を卒業していないのであれば、転職活動はデータでみるよりも厳しいものになるでしょう。

大卒より社会人経験が長いことは、大きなアドバンテージにならない

高卒が大卒に勝っている点は。社会人経験です。しかし、それも転職市場では大きなアドバンテージにはなりません。なぜなら20代前半までの第二新卒人材に求めているのは即戦力であることより、これからの伸びしろだからです。

つまり、現時点でスキルや経験を持っていることよりも、数年後に優秀な人材に育ってくれるかの方が、企業にとっては重要なのです。その点では、長く働いてくれる可能性の高い大卒の方が魅力的に映ります。

高卒でも転職しやすい業界・職種

ここまでは高卒で転職するのがいかに難しいかを見てきましたが、高卒でも転職しやすい業界や職種は意外とたくさんあるものです。いくつかご紹介したいと思います。

■業界

まずは、学歴をあまり重視しない業界を紹介していきます。(1)実力主義(結果を重視)であることと、(2)人材が不足していることが特徴です。

IT業界

IT業界は他業界に比べて比較的歴史が浅く、ベンチャー企業や中小企業が多いです。そのため社風が自由で、学歴よりも結果を重視する風潮が強いです。

また、IT業界では高卒(または大学中退)の社長が起業した会社も多く、本当の意味で学歴不問の募集をしているところが多いようです。

不動産業界

不動産業界での仕事の大半は、営業職です。専門的な知識が必要な場面があるものの、経験や人間性の方が重要視される傾向にあります。

小売・飲食業界

小売や飲食業界では、数年前から常に人材が不足し続けています。専門的な資格や知識はほとんど必要なく、意欲と努力し続けられる力があれば、誰にでも平等に成功のチャンスがあります。

■職種

高卒でも転職しやすい職種・仕事の特徴は、(業界と同様に)人材が不足していることと、人数が多いほど利益が増える仕事であることです。

エンジニア

エンジニアはプログラミングなど専門的な知識や技術が必要ですが、学校で習う知識よりも現場での経験がものをいう仕事です。

高卒の社会人経験はアドバンテージにならないと言いましたが、エンジニアをしていた経験は大きく影響します。即戦力を求める会社も多く、高卒に有利な職種です。

営業

若いうちから高収入を狙いたい方におすすめなのが、営業職です。成果を出すのに学歴はまったく関係なく、売上や目標達成率など「数字」がものをいう仕事です。

また、不動産業界のように扱う商材の単価が高い業界では成約ごとに歩合やインセンティブがつくことが多く、がんばり次第で大幅な収入アップが狙えます。

販売

販売職は学歴不問の求人が多く、実際に高卒で働いている人もたくさんいます。最初は現場のスタッフからスタートして、店長やマネージャー、さらに本社で活躍するチャンスもあるなど、自分の活躍の場をどんどん広げることができます。

全体的に見ると、高卒は転職には不利だといえます。しかし、業界や職種を絞って戦略的に転職活動を行えば、チャンスもたくさんあります。

不動産業界のように努力次第で活躍できる仕事もあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。