転職に失敗する人が共通してもつ特徴とは?解決策と併せて紹介します

希望通りの仕事ができたり、収入アップを実現できたりと、転職に成功できる人がいる一方、望んだ転職ができない、つまり、転職に失敗してしまう人も数多くいます。

転職の成功と失敗の分かれ目は、どこにあるのでしょうか?今回は、転職に失敗する人の特徴から考えてみたいと思います。

また、転職の失敗を防ぐための方法も合わせてご紹介していますので、「自分のことかも…」と思った方は、参考にしてみてください。

転職に失敗してしまう人に多い4つの特徴

転職に失敗してしまう人には、共通して以下の特徴のうちいずれかが当てはまります。

選り好みしすぎている

まずは転職先を選り好みし過ぎているケースです。

「絶対に東証一部上場企業がいい!」「メーカーか商社の営業以外は転職したくない」など、業種や職種、企業の規模、条件で範囲を絞って、それ以外はまったく検討しないというのは、もったいないです。

例えば、不動産の売買営業職を希望している場合、同じ不動産業界の営業職という括りで賃貸営業職も加えて検討することで自分に合った企業が見つかるかもしれません。

能力が伴っていない

転職を希望する企業や業種に対して、自分の能力が伴っていないケースがあります。

例えば、不動産業界の中でも、三井不動産や三菱地所といった大手ディベロッパーの採用はかなり狭き門となっています。

高収入で条件も良いですが、こうした企業に中途で入社するのは、相当の実績が求められます。

この場合、企業が求める能力や実績に見合っていないと、いつまで経っても転職できなかったり、入社後のギャップを感じやすくなってしまいます。

情報収集が足りない

転職活動では、情報収集がものを言います。

たとえば、ひとくちに「営業」といっても、求められるスキルや能力は千差万別。関係性を維持することが主な仕事の場合もあれば、新しい市場を開拓するための行動力が必要な場合もあります。

しっかり情報収集して、自分がその仕事をしたときに活躍できる理由をエントリーシートや面接の場でアピールすることが大切です。

決断力がない(転職で優先すべきことを決められない)

転職難易度や待遇、給与など、すべてにおいて自分の条件に合致する企業はないはずです。

そこで、重要なのが「転職で優先すべきことを決める決断力」です。

例えば、「給与は少なくてもよいから、やりたい仕事をしたい」、その逆に「年収は絶対に譲れないが、その他の条件は譲歩してもよい」など、あらかじめ決めておくことが大切です。

転職で失敗を防ぐためにやるべき4つのこと

続いて、転職での失敗を防ぐためにやるべき4つのことをご紹介したいと思います。

転職で何を実現したいのかを考える

転職を考える方は、多かれ少なかれ今の職場に不満を抱いているはずです。

しかも、理由は一つではなく、いろいろな要因が絡み合っていることが多いのではないでしょうか。

そうした不満を解決するために転職しようとも、何を実現したいのか決めずに活動を始めたのでは、不満が解消されない可能性が高いでしょう。

例えば、仕事のやりがいやステップアップを求めて事務職から営業職への転職を希望したものの、待遇がよいこと等を理由に、同じ事務職への転職を決めてしまったというケースが該当します。

自分ができることを考える

転職を成功させるには、「やりたいこと」と「自分ができること」を紐づけることが必要です。

例えば、事務職の経験しかないけれど、営業職に転職したいという場合。「きめ細やかなフォローできる」など、過去の経験を元に自分ができることをアピールするようにすると、採用担当者も理解しやすいです。

最優先すべき条件は妥協しない

転職活動では、給料や仕事内容、休日の多さなどさまざまな条件に優先順位をつけて転職先を探していくことになります。

この時、最優先すべき条件については妥協しないことをおすすめします。

例えば、今の仕事より専門性の高い仕事をしていたいと思っていたのに、似たような仕事をすることになってしまった場合、たとえ条件がよかったとしても、後悔してしまうことになります。

口コミサイトで人間関係や社風など働く環境をチェックする

実際に働いてみないと転職先の雰囲気(人間関係や社風)などは分からないものです。

しかし、最近では口コミサイトが充実してきたこともあり、複数の投稿を閲覧することで、大まかな雰囲気は掴めるようになってきています。

口コミサイトについては、以下のようなサイトを参照するとよいでしょう。

情報収集や条件の優先順位付けを徹底しよう

転職を失敗する人に共通する特徴や、失敗を防ぐための方法についてお伝えしました。

転職活動を考える人は、多かれ少なかれ今の職場に不満を持っていることでしょう。

転職先でも同じことにならないよう、転職前には「自分が何に不満を持っていて、どのような転職を実現したいのか」や、「転職先の会社はどのような会社なのかの情報収集」をしっかり行ってください。

投稿者: 逆瀬川 勇造

明治学院大学卒。地方銀行勤務後、転職した住宅会社では営業部長としてお客様の住宅新築や土地仕入れ、広告運用など幅広く従事しました。2018年よりP.D.Pを設立。WEBを通して不動産に関する問題解決を目指します。 保有資格:宅建士、FP2級技能士(AFP)、住宅ローンアドバイザー、相続管理士