未経験でも転職成功は可能?転職を成功させるためにやるべき5つのこと

中途採用に求められるのは、即戦力と言われています。一方で、未経験であっても採用される人は決して少なくありません。

今回は未経験であっても、転職活動を成功させるポイントを紹介していきます。新しい業界や職種にチャレンジしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

企業が採用したがる未経験者のタイプ

まずは未経験者がどれくらい採用されているのか、見てみましょう。少し古いデータになりますが、採用担当者100人に未経験者の採用実績を訪ねたところ次のような結果になりました。(引用:リクナビNEXT「採用担当者100人に質問!今どき未経験者採用の実態」)

4社中3社=75%の企業が未経験者を採用していることになります。さらに、業界・職種、両方とも未経験者であっても、3社に1社が採用しています。

この調査結果を見る限りでは、未経験者でも転職できる可能性は十分にあると言えます。

また、同じ100人の採用担当者に今後の未経験者の採用に関して質問した答えが、次のデータです。

約8割の企業が、未経験者の採用に肯定的な意見を持っています。しかも、未経験者を採用する具体的な理由を見ていくと、「未経験でもいい」というのではなく、「未経験(の方)がいい」という形で積極的に未経験者を採用している会社もあります。

この2つの調査結果から、未経験者であっても転職を成功させることはできるということが言えます。

未経験でも転職を成功させるための5つのポイント

未経験という理由だけで不採用になることは多くはありませんが、だからといって誰もが採用されるわけではありません。中途の転職では、経験者に比べて、未経験者の方が採用の可能性が低くなってしまうことは否めません。

そんな状況で転職を成功させるには、5つのポイントがあります。

1.熱意、誠意、覚悟を見せる

経験がないことがデメリットになってしまうことは、間違いありません。経験者が持つスキルや知識に追いつくには、人一倍の熱意や覚悟が必要です。

そのことを理解した上で、かつ意気込みを見せれば、「会社に貢献してくれそうだ」という好印象につなげることができます。

2.現職と応募する業種・職種との共通点や活かせるスキル・実績を伝える

現職と応募先の業界や職種に、何かしらの共通点や活かせるスキルがあればアピールしましょう。

例えば、現職が人材紹介の営業で、広告の営業を募集している会社に応募するとします。必要とされる知識や方法は違いますが、同じく法人に営業することに違いはありません。クライアントとの付き合い方や提案の仕方など、活かせることも多いでしょう。

職種が違う場合、例えば、広告プランナーから営業に転職する場合も、広告を作る立場の考えがわかることが営業に活かせるはずです。

3.採用担当者が納得する志望動機を伝える

未経験の仕事にチャレンジしたいと考えた理由を、わかりやすく伝えることが重要です。どの会社にも使えるようなものではなく、応募先企業だからこそ言えるものでなければいません。

例えば、「人材業界に興味があったから」では、人材業界の会社であればどの会社も当てはまってしまいます。

「貴社の取引先のクライアントは先進的な技術を開発したり、新しいサービスを始めようとしている企業が多いように感じました。優秀な人材の紹介を通して、企業の成長、ひいては日本社会の発展に貢献できればと考えております」といったように、応募先企業だけの魅力や強みを交えながら、具体的に伝えましょう。

4.環境や社風に合わせられることを伝える

転職すれば、働く環境や社風は大きく変わります。例えばIT業界では私服がOKな企業も多いですが、不動産などの業界では今でもスーツが義務付けられている企業も少なくありません。

このように環境や社風が変わっても、すぐに順応できて活躍できる人材を企業は求めています。「現職と前職では社風が全く違いますが、現職に転職したときもすぐに対応できました」など前例を伝えることで、採用担当者も納得してくれるはずです。

5.転職エージェントなど転職のプロに相談する

未経験の仕事に応募する時に最もおすすめなのが転職エージェントに相談することです。一人で業界や職種について調べるのには、限界があります。

もちろん自分で調べることも大切ですが、一通り調べたら転職のプロに相談に行ってみましょう。ネットや本では知ることのできない業界の話が聞けたり、第三者の視点から経験やスキル、能力を見出してもらえることもあります。

大手の総合転職エージェントであれば幅広い業界の話が聞けますし、興味のある業界が決まっているなら業界専門のエージェントを活用するのもいいでしょう。きっと力強い味方になってくれるはずです。

未経験での転職は決して簡単なことではありませんが、多くの会社が未経験者を採用していることはデータからも明らかです。努力は必要ですが、臆することなくチャレンジしてみましょう。

また、業界や職種が違っても活かせるスキルや共通点は意外とあるものです。自分がこれまで経験してきた仕事で、活かせることはないかを探して、アピールしてください。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。