フリーターから正社員になる方法!おすすめの業界・職種を紹介

今はフリーターをしていても、いつかは正社員になろうと考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、正社員になったことのない方からすれば、正社員になるのはとてもハードルが高いように感じるかもしれません。

今回はフリーターから正社員になるための方法と、正社員になりやすい職種や業界を紹介します。

正社員を目指そう!フリーターから脱出するための2つの方法

まずはフリーターから正社員になる方法を見ていきましょう。

バイト先で正社員登用を目指す

1つ目の方法は、今働いている職場で正社員になることです。今の職場で「正社員登用制度」があるかどうか、確認してみましょう。

正社員登用制度とは、アルバイトや契約社員など正社員以外の雇用形態の労働者を正社員に転換する制度のことを指します。会社によって、○年以上勤務する、〇〇の資格を取る、登用試験に合格する、など方法に違いがあります。

制度がない場合は、上司や人事部、社長に相談してみてください。アルバイトでも勤続年数が長かったり、会社に貢献していれば正社員への登用を検討してくれるはずです。

正社員採用をしている会社に応募、転職する

今の職場で正社員になる道がなかったり、別の仕事にチャレンジしたい場合は、正社員を募集している会社に応募することになります。

転職サイトから応募するためライバルが多くなりますが、その分、チャンスも広がります。

フリーターでも転職しやすい業界、職種は?

フリーターから正社員になるには、業界や業種によってもハードルは異なります。どんな業界、業種であれば正社員になりやすいのか見ていきましょう。

フリーターでも転職しやすい業界、企業

不動産

これまでの経験よりも実績で判断する成果主義の風潮が強く、応募時に学歴や経験を問わない「学歴不問」や「未経験歓迎」の募集も多いです。

給与やインセンティブ、ボーナスも実績で決まることが多いため、経験に関係なく活躍しやすい業界だと言えます。

IT

IT業界は比較的歴史の浅い業界で、ベンチャー企業も数多く存在します。そのため、業界全体として未経験からスタートした人の割合が高く、職歴を気にせずチャレンジできます。

介護

経済産業省の試算によると、2035年に介護人材が79万人不足すると言われています(参考:介護人材不足、35年に79万人 15年の20倍 経産省試算)。こうした事態に備えるべく、介護業界では採用を強化する会社が増えています。

ベンチャー企業

ベンチャー企業とは、「革新的なアイデアや技術を用いて、新しいサービスやビジネスを展開する企業」のことです。小規模〜中規模程度の企業が多く、事業や会社のビジョンに共感してくれる人を採用する傾向にあります。

フリーターでも転職しやすい職種

営業

営業はコミュニケーション能力などのヒューマンスキルが求められているため、未経験でも転職できる可能性が高いです。

業界の知識や専門用語、営業方法などは入社後に研修などで学べる環境を用意している会社も多く、未経験であってもがんばり次第でどんどん上を目指せます。

エンジニア(システムエンジニア、プログラマー)

経済産業省が2019年4月に出した「IT 人材需給に関する調査」によると、2030年にはIT人材が45万人不足すると言われています。そのため、未経験者を採用してエンジニアに育てる企業がどんどん増えてきています。

ITの知識やプログラミングの技術は入社後に身につければOKという会社も多く、チャレンジしやすい職種だと言えます。

建設系エンジニア(施工管理など)

東京オリンピックを2020年に控え、ホテルやマンションが続々と建設されています。また、現場に携わる施工管理職では高齢化が進んでおり、若年層を積極的に採用しています。

フリーターから正社員に採用されるための4つのポイント

フリーターから正社員になりたい場合、どんなことに気をつけて転職活動をすればいいのでしょうか。4つのポイントをご紹介いたします。

20代のうちに転職する

行動に移すのは、できるだけ早い方がいいです。フリーターでも責任ある仕事を任されていたり、やりがいを持って取り組んでいるとは思いますが、企業側からすると「責任のない仕事ばかりしている」「いつまでも自分の道を決められない」と見えてしまう可能性もあります。

20代前半であれば、「いろんな仕事にチャレンジしてみたかった」「夢を諦めきれなかった」という理由も通用しますが、これが30代後半ともなると、かなり厳しいです。

思い立ったが吉日、正社員になろうと決めた瞬間に転職サイトに登録するくらいの行動力が必要です。

「未経験者歓迎」「未経験可」の求人に応募する

たとえば、フリーターとして販売職の経験があったとしても、経験者向けの募集だけでなく、「未経験歓迎」「未経験可」と記載された求人にも応募してみましょう。

未経験でもいいというところに、たとえアルバイトであっても経験がある人が応募すれば、興味を持ってくれる企業は少なからずあります。

採用の可能性を高めたいなら、未経験者募集をしているところに、積極的に応募してみてください。

ビジネスマナーやPCスキルなど、社会人としての基本スキルが備わっている

中途採用に求められているのは「即戦力」です。業界の専門知識やスキルがないにしても、基本的なビジネスマナーやPCスキルは求められていると考えて間違いありません。

タッチタイピングができる、Word・Excelの入力ができる、メールマナーがある、というのが最低限必要なレベルですので、できれば転職活動を始める前に身につけておいてください。

「意欲」+「すぐに辞めない」ことを伝える

アルバイトを転々としているフリーターに対し、企業は「すぐに辞めてしまうのではないか」という懸念を持っています。

「腰を落ち着けて働きたい」「手に職をつけたい」など、長く働く意志や仕事に対する熱意をアピールすることで、企業の不安を払拭することが必要です。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。