スカウトメールとは?スカウトの種類とメリット・デメリットを紹介

転職サイトには、自分から企業に応募するだけでなく、企業からオファーがくる「スカウトメール」というサービスがあります。実際に、受け取ったことがある人も多いと思います。

今回はスカウトメールにどのような種類があるのか、またどのようなメリット・デメリットがあるのかを紹介していきます。

スカウトメールとは?スカウトメールの種類

まずは、スカウトメールとはなんなのか、どのような種類があるのかを見ていきましょう。

スカウトメールとは?

スカウトメールとは、あなたの経歴やスキルを見た企業の人事担当者や転職エージェントが送るメールです。内容は、「自社への転職を検討してほしい」など直接のオファーから、「希望の求人がある」といった案内に近いものまでさまざま。

必ずしも、スカウトメールが届いた=合格の可能性が高いわけではないことに注意が必要です。

スカウトメールの種類

スカウトメールは主に、(1)システムで自動配信されるもの、(2)企業の人事担当者が送るもの、(3)転職エージェントが送るもの、の3つに分かれます。

ひとことで「スカウトメール」といっても、内容や役割、意味合いがまったく違ってくるので、どのスカウトメールが届いたのか、きちんと切り分けて考えてみてください。

(1)経験や希望で設定した条件で自動配信されるスカウト

転職サイトでスカウトメールの登録をする際には、希望の職種や、これまでの経験を入力します。このデータをもとに、転職サイトのシステムから自動で送られてくるメールのことを指します。

自動配信されるメールは基本的に定型文なので、誰に送っても当てはまる内容になっています。イメージとしてはメルマガや広告メールに近いものだと思ってもいいでしょう。

もちろん経歴を詳しく見ているわけではないので、希望に対するマッチング率は低いです。

企業の人事担当者からのスカウト

採用活動を行っている企業の採用担当者から送られてくるスカウトメールです。冒頭やメール件名に「〇〇会社の採用担当です」など、個別の企業名入っていることが特徴です。

この場合も基本的には、登録した情報をもとに対象者を絞り込んでいるため、かならずしも希望の企業からのスカウトメールが届くとは限りません。

しかし中には、一人ひとりの自己PRなどをきちんと確認して送っている場合もあります。(プレミアムスカウトなどと呼ばれます)。この場合は、書類選考が免除になったり、前職給与保証といった優遇措置がとられていることも多い傾向にあります。

転職エージェントからのスカウト

転職エージェントとは、企業に代わって人材採用を行なっている会社のことです。

転職エージェントからスカウトが来る場合には、特定の企業を紹介するのではなく、「まずは面談してみませんか」「キャリア相談実施中!」など、転職全般の支援をしていることをアピールする内容になっていることが特徴です。

スカウトメールが届いたからといって、登録や紹介で有利になるといったことはありませんが、希望の業界や職種が決まっていない場合には、一度、相談に行ってみるのもいいでしょう。

スカウトメールを受け取るメリット

メールが頻繁に届くのが煩わしいと感じる人もいるかもしれませんが、スカウトメールを受け取ることで、さまざまなメリットがあります。

効率的に転職活動ができる

たとえ職種や条件で絞り込んで検索したとしても、転職サイトに掲載されている求人情報をすべて見るのは、かなりの時間がかかってしまいます。

スカウトメールに希望の条件を登録しておけば、希望に近い条件の企業からのオファーがくることもあります。つまり、転職サイトの閲覧とスカウトメールの両方を活用することで、効率的に転職活動を進めることができるというわけです。

また、スカウトメール送信元の企業の傾向を分析することで、自分のキャリアに対してどのような業界や企業からニーズがあるのかを把握することもできます。

面接確約など、選考が優遇される場合がある

前述したとおり、企業の人事担当者からのスカウトメールの場合、面接が確約されるケースがあります。

そのほかにも「選考は面接1回のみ」など、転職活動を効率的に進めることができます。

前職給与保証など、待遇が優遇される場合がある

スカウトメールが届いた人、つまり、企業が希望する条件に合致することを前提として、入社時の条件を優遇してくれる企業もあります。そのほか、入社祝い金の支給や家賃補助など、さまざまな形の優遇措置があります。

視野が広がる、選択肢が広がる

転職サイトで求人を探しているだけだと、どうしても考えが凝り固まってしまいがちです。

スカウトメールに登録しておくことで、自分ではまったく強みだと思っていなかった部分に企業が興味を持ってくれたり、名前は聞いたことがないけれども面白い事業をしている企業に出会えたりと、理想の企業に転職できるチャンスが増えます。

また、中には非公開求人のオファーもあり、転職の選択肢が大きく広がるでしょう。

スカウトメールを受け取るデメリット

スカウトメールに登録しておくことで、少なからずデメリットもあります。

希望していない業種や職種の企業からもスカウトメールが届く

スカウトメールの中には、的はずれなものもあります。まったく興味のないスカウトばかりが届くと、転職活動へのモチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。

転職サイトのスカウトメールサービスのほとんどで、特定の企業からのメールを受け取らないといった設定ができるので、適宜、利用してみてください。

スカウトメールが届いたからといって、かならずしも面接や採用に繋がるわけではない

スカウトメールは、面接の確約や採用を保証するものではありません。採用担当からスカウトをもらって面接にいったら、一次面接で落とされることもあります。

スカウトメールはうまく活用すれば、転職活動を有利に進めることもできますが、期待しすぎてはいけません。あくまで自分で転職活動を行い、スカウトはボーナスチャンスだと思って進めましょう。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。