転職活動の面接で面接官に好印象を与える自己紹介とは?

転職活動で書類選考に合格すると、次は面接をすることになります。

面接では自己紹介を求められることが多いですが、どのような点に気をつけるとうまく面接官によい印象を残せるのでしょうか。

本記事では、面接時の自己紹介について、どのような点に気をつけるべきなのかなどを、お伝えしていきます。

企業が面接で自己紹介を求める理由

面接官はなぜ、応募者に対して自己紹介を求めるのでしょうか。

主に、以下のような目的があります。

  • 基本的なビジネスマナーが身についているかどうかを知るため
  • 応募者がどんな人なのかを簡潔に知るため
  • わかりやすく伝える能力があるかを判断するため
  • 応募者の緊張をほぐすため

それぞれ詳細を見ていきましょう。

基本的なビジネスマナーが身についているかどうかを知るため

まずは、基本的なビジネスマナーが備わっているかどうかです。新卒とは違い、転職は「就業経験がある」ことが前提です。その経験の中で、きちんとビジネスマナーを身につけたかどうかを見られています。

応募者がどんな人なのかを簡潔に知るため

採用担当者はもちろん応募書類に目を通してはいますが、すべてを覚えているわけではありません。そこで、応募書類を見ながら自己紹介を聞くことで、応募者への理解を深めようとしています。

わかりやすく伝える能力があるかを判断するため

ビジネスでは、お客様への提案や交渉事はもちろん、同僚とのやりとりや上司への報告など、さまざまなところで「ものごとをわかりやすく伝える能力」が求められます。

この能力に優れている人はビジネスをスムーズに進めることができます。

こうしたことから、自己紹介を通して、自分の伝えたいことを相手に分かりやすく伝えられるかが見られています。

応募者の緊張をほぐすため

面接は、応募者の人となりを把握するために行われる選考です。緊張したままでは、応募者の本来の姿を知ることが難しくなってしまいます。

そこで、まずは自分のことを簡単に紹介してもらうことで緊張をほぐしてもらい、その後の面接をスムーズに進めるようにします。

自己紹介をするときのポイント

以上を踏まえて、自己紹介をするときにはどのようなことに気を付けるとよいのか、いくつかのポイントに分けて伝えていきます。

経歴をなぞるように話すのはNG

自己紹介では、たんに職歴や経歴をなぞるように話すのはNGです。

そうした情報は、履歴書や職務経歴書に書いてありますし、なぞるように話すだけでは相手に伝わりにくいからです。

自己紹介で職歴や経歴を話す際には、具体的な仕事の内容をイメージできるよう、ポジション(役職)、役割、成果を端的にまとめて伝えるようにしましょう。

長くても3分以内で話し終わるようにまとめる

自己紹介は長くても3分以内、できれば1分半から2分程度に抑えるようにしましょう。

あまり長く話すと、スピーチのように一方的にしゃべり続けているように感じてしまうからです。

会社や人事担当者が興味を持ってくれそうな内容を意識する

会社や人事担当者が興味を持って聞いてくれるよう、応募先企業との接点を含めることを意識しましょう。

社風や、求める人物像と自分自身の仕事へのこだわりや強みとの共通点を探し、

  • どうして応募先に興味を持ったのか
  • どんな経験やスキルが応募先企業で活かせると思ったのか

…を、きちんと伝えてください。

一緒に働きたいと感じてもらえるように話す

面接の合否に大きな影響のあるのが、先輩や上司から「一緒に働きたい」と思ってもらえるかどうかです。

たとえば、ずっとうつむいてもごもごと話している人と一緒に働きたいでしょうか?ゼロではないですが、かなり少ないはずです。相手の目を見て、明るくハキハキと話す+わかりやすくシンプルに説明できると、好感を持ってもらいやすいです。

自己紹介に必要な3つの要素

最後に、自己紹介に必要な3つの要素をお伝えします。

自分は何をやってきたのか?

自分は何をやってきたのか、つまり、職歴を伝えます。ただし、時系列に沿って職歴を事細かに話す必要はありません。自分の強みとしてアピールできる職歴をピックアップし、ポジション(役職)、役割、成果を簡潔に伝えます。

自分の強みとその根拠

新卒時の採用とは違い、中途での採用人数は1〜2名程度の少数であることがほとんとです。となると、他の応募者と比較して「自分を採用するメリット」を企業側に伝える必要があります。

自分にはどのような強みがあり、入社した後は会社にどのようなメリットを与えられるのかを、根拠とともに説明しましょう。

あれもこれも入れてしまうと、だらだらと話しているという印象を与えてしまうため、強みを1つに絞って伝えると効果的です。

応募先企業で何ができるのか or 何がしたいのか

自己紹介の最後では、応募先企業に入社した場合に、どのようなことができるか、もしくは、どのようなことがしたいのかを伝えます。

これを伝えるには、事前に応募先企業についてしっかり調査しておく必要があります。

会社ホームページや企業情報でしっかり企業研究しておくようにしましょう。

限られた時間でシンプルに伝えること

自己紹介のポイントは、自分がどのような人間なのかを限られた時間でシンプルに伝えることです。

上手に、分かりやすく話をまとめることができれば面接時の印象もぐっと高くなるはずです。

なお、そのためには、事前に応募先企業についてしっかり調査しておく必要があることを忘れてはなりません。

投稿者: 逆瀬川 勇造

明治学院大学卒。地方銀行勤務後、転職した住宅会社では営業部長としてお客様の住宅新築や土地仕入れ、広告運用など幅広く従事しました。2018年よりP.D.Pを設立。WEBを通して不動産に関する問題解決を目指します。 保有資格:宅建士、FP2級技能士(AFP)、住宅ローンアドバイザー、相続管理士