東京での転職を考えている人が住むのにオススメの街は?

地方から東京への転職をする際に考えておくべきなのが、住む場所です。

23区にはそれぞれ特徴があり、家賃相場や犯罪発生率、買い物施設の充実度などが異なります。

そこで本記事では、東京23区の家賃相場をお伝えするとともに、東京都内で転職を考えている方に向けて暮らしやすい街ランキングを紹介していきます。

一番家賃が安い街は?東京23区の家賃ランキング

東京23区の中で、家賃の一番安い街はどこなのでしょうか?

LIFULL HOME’Sの「東京23区の家賃相場情報」によるとと、以下の通りとなっています。

市区町村 1R/1K/1DK 1LDK/2K/2DK 2LDK/3K/3DK 3LDK/4K/4DK
葛飾区 6.45万円 8.71万円 11.19万円 12.65万円
足立区 6.72万円 9.74万円 11.64万円 12.89万円
江戸川区 6.72万円 9.34万円 11.60万円 14.63万円
練馬区 7.18万円 9.93万円 12.76万円 14.63万円
板橋区 7.36万円 10.41万円 13.78万円 14.80万円
杉並区 7.65万円 12.28万円 16.01万円 20.33万円
北区 7.84万円 11.87万円 16.07万円 18.65万円
中野区 7.95万円 13.29万円 17.17万円 17.97万円
大田区 8.15万円 12.43万円 15.83万円 19.35万円
荒川区 8.16万円 13.32万円 16.19万円 19.14万円
豊島区 8.56万円 13.98万円 19.63万円 21.25万円
世田谷区 8.60万円 13.83万円 18.37万円 22.12万円
墨田区 8.85万円 13.67万円 17.35万円 19.68万円
品川区 9.44万円 16.48万円 23.59万円 31.68万円
文京区 9.59万円 16.01万円 21.62万円 27.68万円
江東区 9.64万円 13.04万円 19.50万円 22.02万円
台東区 9.91万円 14.76万円 19.92万円 23.04万円
目黒区 10.02万円 18.46万円 26.25万円 30.90万円
新宿区 10.23万円 19.55万円 26.80万円 26.01万円
中央区 11.37万円 18.69万円 25.23万円 30.85万円
渋谷区 11.46万円 21.84万円 30.90万円 35.41万円
千代田区 12.33万円 20.26万円 27.95万円 38.88万円
港区 12.99万円 24.20万円 34.86万円 41.76万円

(毎週金曜日更新/2019年8月2日時点)

上記データを見てみると、いずれの間取りタイプにおいても葛飾区がもっとも家賃が安く、一方で港区がもっとも家賃が高くなっています。

葛飾区は下町と呼ばれ、落ち着いた庶民的な雰囲気が特徴です。一方で六本木や青山のある港区はおしゃれな街というイメージが強くあります。

2016年の総務省のデータを見てみると港区の平均年収は1,023万円とダントツで高く、一方で葛飾区は下から2番目の338万円となっています。

東京で転職したい人必見!東京で暮らしやすい街ベスト5

東京都内の23区にはそれぞれ特徴があり、住みやすさ、暮らしやすさにもさまざまな指標があります。

ここでは東京で転職したい方に向けて、「東京で暮らしやすい街ベスト5」をご紹介していきたいと思います。

具体的には、家賃の低さアクセスのよさ犯罪発生率の低さなどを参考に順位づけをしています。

1位:中野区

特徴、暮らしやすさ

中野区はサブカルチャーの聖地ともいわれる中野ブロードウェーがあるなど、独特の雰囲気を持つ街です。

家賃ランキングでも8~9位程度を推移しており、比較的安価に住まいを求めることができるのに加え、新宿駅まで最短1駅という便利なエリアです。また、犯罪発生率も低いといった特徴を持ちます。

主要駅の家賃相場

中野にある主要駅の家賃相場(1R)は、以下の通りです。(参考:SUUMO

  • 中野新橋駅(東京メトロ丸ノ内線):8.1万円
  • 中野富士見駅(東京メトロ丸ノ内線):8.1万円
  • 新中野駅(東京メトロ丸ノ内線):9.0万円

主要駅からのアクセス

中野駅から中央線で6分、東中野駅から中央総武線で4分など、いずれも新宿駅からのアクセスのよさが特徴です。

また、中野駅から池袋駅までは14分程度、東京駅までは18分程度といずれもアクセス良好です。

2位:葛飾区

特徴、暮らしやすさ

「男はつらいよ」の寅さんや「こち亀」の両さんの舞台となる街で、下町の雰囲気が漂います。

安い家賃で住むことができ、日常の買い物をするスーパーやドラッグストアに不足しないところがありがたいところです。

主要駅の家賃相場

葛飾区にある主要駅の家賃相場(1R)は、以下の通りです。(参考:SUUMO

  • 亀有駅(JR常磐線):6.8万円
  • 金町駅(JR常磐線):6.5万円
  • お花茶屋駅(京成本線):6.3万円

主要駅からのアクセス

亀有駅から新宿駅までは36分、池袋駅までは27分、東京駅までは30分と、いずれのエリアにもアクセスしやすくなっています。

3位:練馬区

特徴、暮らしやすさ

練馬駅周辺は商業施設や飲食店街が建ち並ぶ立地でありながら、家賃相場は比較的安く、犯罪発生率の低さも圧倒的に低くなっています。

夜遅くまで開いているスーパーも多く、仕事帰りでも買い物しやすい点も大きなメリットです。

主要駅の家賃相場

練馬区にある主要駅の家賃相場(1R)は、以下の通りです。(参考:SUUMO

  • 光が丘駅(都営大江戸線):7.7万円
  • 練馬春日町駅(都営大江戸線):7.1万円
  • 大泉学園駅(西武新宿駅):7.3万円

主要駅からのアクセス

練馬駅から池袋駅まで約10分、石神井公園駅からだと12分、中村橋駅からだと13分と、池袋駅までのアクセスが良好です。

その他、練馬駅から新宿駅までは約19分、東京駅まで約33分となっています。

4位:板橋区

特徴、暮らしやすさ

板橋区は池袋駅へ最短4分でアクセスできる立地にありながら比較的安い家賃で住まいを探すことができ、商店街やスーパーも充実しているのが特徴です。

主要駅の家賃相場

練馬区にある主要駅の家賃相場(1R)は、以下の通りです。(参考:SUUMO

  • 板橋駅(埼京線):7.5万円
  • 蓮根駅(都営三田線):6.6万円
  • 志村坂上駅(都営三田線):7.0万円

主要駅からのアクセス

池袋駅までのアクセスが良好で、板橋駅から約4分、成増駅から12分、常盤台駅から11分となっています。

また、板橋駅から新宿駅へは約10分、東京駅までは24分です。

5位:杉並区

特徴、暮らしやすさ

荻窪や高円寺といった人気の街があり、駅周辺は大規模商業施設や商店街が充実しています。

荻窪駅から新宿駅まで約9分という好立地でありながら、家賃相場も低めです。もちろん犯罪発生率も低く、男女問わず人気の街です。

主要駅の家賃相場

杉並区にある主要駅の家賃相場(1R)は、以下の通りです。(参考:SUUMO

  • 富士見ヶ丘駅(京王井之頭線):7.6万円
  • 久我山駅(京王井之頭線):7.6万円
  • 八幡山駅(京王線):7.7万円

主要駅からのアクセス

新宿駅までのアクセスが良く、荻窪駅から約9分、高円寺駅から11分、阿佐ヶ谷駅から13分となっています。

その他、荻窪駅から池袋駅までは約19分、東京駅までは23分です。

自分なりの優先順位を決めて探そう

東京23区内の家賃相場ランキングと、暮らしやすさランキングをお伝えしました。

暮らしやすさについては、家賃の低さや買い物施設の多さ、家賃相場の低さなど人によって指標が異なります。

本記事でご紹介している街も参考にしつつ、自分で優先順位を決めて探してみることもするとよいでしょう。

投稿者: 逆瀬川 勇造

明治学院大学卒。地方銀行勤務後、転職した住宅会社では営業部長としてお客様の住宅新築や土地仕入れ、広告運用など幅広く従事しました。2018年よりP.D.Pを設立。WEBを通して不動産に関する問題解決を目指します。 保有資格:宅建士、FP2級技能士(AFP)、住宅ローンアドバイザー、相続管理士