セールステックとは?営業するなら知っておきたい7分野を紹介

様々な分野で業務を効率させるためのITツールが誕生しており、営業もその例外ではありません。海外に比べれば遅れを見せているものの、日本でもセールステックと呼ばれるサービスが次々に登場しています。これからはテクノロジーで営業の効率を上げるのは必須となるでしょう。

この記事では、セールステックとは何か、どのような領域のサービスで構成されているのか紹介していきます。営業に従事している方は参考にしてください。

セールステックとは

セールステックとは、セールス(営業)とテクノロジー(技術)をかけ合わせた造語で、営業で使うITサービスの総称です。もともとは欧米を中心に盛り上がりを見せてきた領域ですが、近年では日本国内でも市場が拡大しています。

その背景には日本が抱える少子高齢化の問題があり、労働人口が現象しても少人数で成果を上げるための仕組みが求められているからです。ITツールを活用して少しでもコストの削減や無駄な作業を削減しなければ、これからの時代を生き抜くのは容易ではありません。

例えば契約一つとっても、印鑑を電子サインに変えるだけで業務は簡略化されますし、WEB会議システムを利用すれば来社する必要もありません。今や様々な業務をデジタル化するツールが登場しているため、会社の業種や規模、目的に合わせて導入するサービスを選んでいく必要があります。

覚えておきたいセールステックの7分野

今や爆発的に数を増やすセールステックのサービスですが、海外では大きく7つの領域に分類されています。どんな種類のサービスがあるのか見ていきましょう。

営業加速ツール:Sales Enablement & Acceleration

営業活動における様々な業務をデータ化し、共有・連携させて営業活動のパフォーマンスを強化するサービス郡のことです。例えばCRMにまとめた顧客情報をAIで分析し、今後の販売予測や顧客動向予測に活用するサービスなどが存在します。

これまで多くの企業では、営業と他の部署との連携をあまり行われてきませんでした。しかし、情報が複雑してきた今ではマーケティングや人事などとも情報を共有し、連携させていかなければ業績を上げるのは難しいでしょう。会社全体の営業活動における情報を統括管理して、最善の手法を提示するのが「セールスイネーブルメント」と言えます。

顧客管理システム:General CRM

既に多くの企業が行っている、顧客管理を支援するためのツール群です。「顧客の見える化」とも呼ばれ、顧客の情報を管理・分析して顧客のニーズを深堀りすることができます。例えばこれまで一斉配信されてきたメルマガを、顧客ごとにカスタマイズすることで、効果的に顧客の購買意欲を高められる機能などがあります。

データ分析と活用:Intelligence and Analytics

収集した顧客のデータを分析して、営業活動を効率化するサービス郡です。例えば顧客との会話内容をデータとして取り込み、ビッグデータと結びつけて顧客の課題を抽出するようなサービスが含まれます。AIで過去の商談を分析し、今後の商談にアドバイスを行ってくれるなど、データを最大限に活用するための機能などがあります。

カスタマーサポート:Customer Support

カスタマーサポートとは、主に顧客の不安や疑問を解決するツールが含まれます。昨今はチャットやSNSなど顧客との接点が多様化しています。あらゆる接点で寄せられた顧客の意見や質問を一元管理するような機能があります。他にも顧客とのやり取りをテキスト化して保存しておく機能が、最適なタイミングで顧客にメルマガを送る機能などが重宝されています。

顧客対応の最適化:Contact & Communication

顧客とのやり取りを最適化するツール群です。音声のやり取りをテキストベースで保存して、やり取りの質を向上させることを目的としています。例えば顧客からの質問に対して最適な答えを提案してくれたり、アポのやりとりを自動化してくれるサービスなどが含まれます。

顧客体験: Customer Experience

顧客の体験価値を最適化するための領域です。例えばサイトに訪問したユーザーの流入経路に合わせて、適切なポップアップやチャットを出現させるツールなどが当てはまります。顧客がストレスなくサイトを利用できることで、コンバージョン率を上げて売上げアップに繋げます。

人材育成およびコーチング:People Development & Coaching

営業担当者の教育や育成を主に目的とした領域のツール郡です。社内で研修システムとして利用することで、効率的に即戦力となる人材の育成支援ができます。一方的な学習ツールだけでなく、トレーナーと双方向コミュニケーションができるツールなどが登場しています。実際に育成アプリを活用して、売上げアップやブランドの価値を高めることに成功している起業もあります。

 

 

これから多くの企業がセールステックが導入するのは必至です。これからの営業にとっては、営業スキルを上げるよりもセールステックをうまく活用できることのほうが大事かもしれません。これから営業で活躍したい方は、セールステックで営業成績を上げられるメソッドを探してみましょう。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。