リファーラル採用とは。成長企業が行っている新しい採用方法を紹介

リファーラル採用という採用方法を聞いたことがあるでしょうか。紹介から採用を行うことですが、昔ながらの縁故採用とは異なります。転職を成功させるには、企業がどのような採用活動をしているのか正しく理解しておかなければいけません。

この記事ではリファーラル採用とは何なのか、縁故採用と何が違い、どのようなメリットがあるのか紹介します。転職活動中の方は参考にしてください。

リファーラル採用とは

リファーラルとは「紹介・推薦」の意味合いですが、リファーラル採用とはその名の通り、社員からの紹介や推薦を通して行う採用活動を言います。社員の紹介があることから縁故採用やコネ採用とも混同されがちですが、決定的に違うポイントがあります。紹介された相手のスキルに関わらず採用せざるを得ない縁故採用に対して、リファーラル採用はスキルや適正を判断して選考を実施します。

つまり、リファーラル採用は入り口は紹介であっても、選考フローは通常の採用活動とほとんど変わりません。そのため、縁故採用が非公認な採用活動であるのに対し、リファーラル採用は正式な採用活動として業務の一環として行われます。

リファーラル採用のメリット

原始的とも言えるリファーラル採用が、なぜ今の時代に注目されているのでしょうか。企業がリファーラル採用を行うメリットについて見ていきましょう。

エンゲージメントの向上と定着率の向上

従業員の会社に対する愛着や思い入れのことを、エンゲージメントと言います。リファーラル採用は紹介者から密な会社の情報を聞いているため、企業理解が高い状態で採用できます。さらに採用した後も紹介者が積極的に橋渡し役になってくれるため、スムーズに組織に馴染めるメリットもあります。

そのためリファーラルで入社した社員はエンゲージメントが高い傾向があり、定着率が高いのが特徴です。今の時代は単純に優秀な人材よりも、会社のビジョンに共感できる人材が求められています。リファーラル採用は、そのようなニーズを満たす時代に合った採用手法と言えるでしょう。

転職潜在層にもリーチできる

一般的に転職サイトや人材エージェントを利用して会えるのは、少なからず転職意思のある人材のみです。しかし、リファーラル採用なら、そのような転職市場に出回っていない人材にもアプローチできるため、広い母集団に対して採用活動を行えます。転職を考えてない人でも、友達から「自分の会社でこんな人材を探しているけど興味ない?」と言われて初めて転職を意識するケースも少なくありません。

特に優秀な人材ほど転職サイトやエージェントを使わずに転職するため、リファーラルだからこそ採用できる優秀な人材とも接点が持てます。

希望に合った人材に会いやすい

転職サイトやエージェントでは、求めるスキルなどは伝えられても、会社の雰囲気や状況まで伝えられません。しかし、リファーラル採用では社内のことをよく知る社員が探してくるため、会社に会った人材に声をかけている可能性が高いのです。そのため、少ない人数との面接でも採用が決まることもあります。

採用コストの削減

通常、採用に大きなコストがかかります。転職サイトを使えば広告費がかかりますし、エージェントを使って採用すれば成功報酬を支払わなければいけません。他にも選考には書類選考や面接を行う人件費がかかりますし、説明会を開けば会場費から人件費まで多くの費用が必要です。

リファーラル採用は社員からの紹介のため、直接的な費用はかかりません。またリファーラルの場合は、1次選考を免除するなど選考フローを簡素化できるため人件費も抑えられます。先述したようにリファーラルで採用した人材は定着率がいいため、そもそも採用活動の回数自体を減らせると言った効果も期待できます。会社によっては、リファーラル採用で浮いたコストを、紹介してくれた社員にインセンティブとして還元しているケースもあります。

リファーラルで転職するには

リファーラルの恩恵を受けられるのは採用する企業だけではありません。リファーラルで入社する社員にとっても大きなメリットがあります。実際の社員から話を聞けるので、転職サイトやエージェントでは分からない情報も聞き出せますし、選考フローも免除してもらえる可能性も高いです。また、実際に入社した後も紹介者がフォローしてくれるため、組織に馴染みやすいのもメリットです。

しかし、黙っていてもリファーラルで転職するのは難しいでしょう。リファーラルを行っている社員も、知り合いに「うちの会社が人を探しているんだけど」と話すのでは手間ですし、気後れします。そのため、リファーラルの声をかけやすいように、新しい仕事を探していることを発信しておくことも重要です。新しい仕事を探しているのがわかっていれば、リファーラルをしている会社も声をかけやすいでしょう。

 

 

成長企業ほどリファーラル採用を重視し、社員の紹介経由で転職する方が増えています。あなたの周りにもリファーラル採用を行っている企業の社員がいるかもしれません。声をかけてもらいやすくするためにも、普段から自分がどんな仕事がしたいか発信してみるのがおすすめです。

 

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。