副業を始めるメリットと最低限の準備とは

2018年に政府が「モデル就業規則」を改定してから、多くの企業が次々と副業を解禁しています。メディアでも副業は大体的に取り上げられ、実際に副業を始めてみたいという方も多いのではないでしょうか。しかし、安易に副業に手を出してしまうと、時間と体力ばかり奪われてしまい、思ったように稼げないことも多いです。

今回は副業の成功率を上げるために、副業の始め方を紹介します。副業をするメリットや気をつけるべき点も合わせて紹介するので参考にしてください。

副業をするメリット

まずは副業をすることで、収入以外にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

メリハリが生まれる

副業は本業以外の時間を使って行います。副業をする時間を作り出すためには、生活を見直し効率的な生活のための工夫が必要になるかもしれません。時には何かを我慢して副業のための時間を作りだす必要もあります。ずっと同じ仕事、もしくは同じような生活を続けてきた方にとっては、新しいチャレンジをすることで日々の生活に彩りを与えてくれるでしょう。

リスクを抑えて新しい経験ができる

程度の差はあれ、副業をすることで新しい経験をすることができるでしょう。何年も同じ会社にいると、だんだん新しい経験をするのは難しくなります。仕事に慣れると同時に、成長の機会も失っていくのです。しかし、新しい経験をするために転職をするのはリスクが大きいのも事実です。副業なら今の生活を続けながら、新しい経験をして成長に繋げられます。仮に副業で失敗しても、少ないダメージで大きな経験値が詰めるはずです。

視野が広がる

副業をするとなれば、会社以外の人とも関わることが多くなります。普段は出会わない人の話を聞いたり、一緒に仕事をすることで新しい発見もあるでしょう。副業でのインスピレーションを本業に活かせば、本業にもいい効果が期待できるはずです。

転職のチャンスが広がる

転職はリスクが大きいと先述しましたが、副業をすることで転職のリスクも抑えられます。副業で実際に働いてみて、会社の雰囲気を知ったり、自分のスキルが通用するか知ってから転職すれば後悔することもないでしょう。最初は転職する気がなくても、副業をしていくうちに会社が好きになって転職するケースも珍しくありません。

副業を始める前の準備

副業は失敗しても大きなリスクがありませんが、安易に始めても成果につながらず長続きしません。どうせ副業を始めるなら最低限の準備だけはしておきましょう。

目標を定める

副業をするモチベーションを高めるために、目標を設定しましょう。「月5万円稼げるようになる」といった経済的目標でもいいですし、「独立できるだけのスキルを身につける」といったスキル的な目標でもいいです。目標が定まれば計画を立てることもでき、やるべきことが見えてくるでしょう。目標は変えてもいいので、常に持っておくのがおすすめです。

シミュレーションしてみる

副業は本業以外の時間を使って行いますが、本当に時間があるかシミュレーションしてみましょう。会社員の場合は始業前と就業後、そして休日を使うことになりますが、週もしくは月に何時間とれるか計算してみます。机上の空論にならないよう、食事の時間や睡眠時間も確保して、体力的に無理のない生活ができるか検討してください。

副業を選ぶ

目標や副業のために使える時間と照らし合わせながら、どの副業を行うのか決めましょう。副業には大きく時間労働型と成功報酬型があります。時間型労働は働いた分だけ確実にお金になりますが、単価が安いことが多く、時給を上げるのも容易ではありません。副業に慣れるために短期的に行うのはいいですが、収入の柱にするのは難しいでしょう。

一方で成果報酬型は、スキルに比例して報酬が決まります。そのため最初は全然報酬にならないかもしれませんが、仕事に慣れれば独立するのも夢ではありません。中長期で計画を立てられるなら、新しいことにチャレンジしてみるのもいいでしょう。今や副業の種類は無数にあるので、自分の得意不得意も考えて選ぶのがおすすめです。いきなり一つに絞るのではなく、お試しにいくつかやってみて自分に向いていそうなものを選ぶのもいいでしょう。

副業を始める上で気をつけること

副業を始める際は次の2点は必ず注意してください。

本業に支障をきたさない

副業にのめりこんで本業に支障をきたしたり、本業の仕事のブランドを毀損した場合、仕事を解雇されることもあります。今は公務員でなければ、基本的には副業にはうるさくありません。副業を解禁していなくても、人事部に確認したら許可がおりることもあります。しかし、副業のせいで成績が落ちたり会社に悪影響があれば、副業解禁している会社でも何かしら罰則があることを覚悟しておきましょう。

甘い話に騙されない

副業が一般的になったことで、副業を勧める業者も増えています。「簡単に儲かる」を謳い文句にノウハウや商材を売っている業者には注意しましょう。実際に儲かっている人もいるかもしれませんが、自分も成功できるとは限りません。まずはリスクの低い副業から始めて、ビジネス感覚を養いながら徐々にリスクをとっていくのがおすすめです。

 

 

今の会社にずっといるのも不安だし、転職する自信もないという方にこそ副業は向いています。少ないリスクで新しいことにチャレンジできますし、地道にスキルを磨いていけるからです。安易に始めるのも考えものですが、準備ばかりしていても始まらないので気楽に一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

投稿者: kohei.suzuki

ビジネス系フリーライター。人材紹介会社での経験を活かし、経営者の取材や採用ページの作成をしています。スイーツと激辛料理には目がありません。