設計の仕事の流れややりがい・必要なスキルや収入面について解説

設計の仕事とはどのようなもので、転職するにはどんな能力や資格が必要となるのでしょうか。

本記事では、一般的な建築設計の仕事について、仕事の流れややりがい、必要とされる能力やスキル、収入などお伝えしていきます。

設計の仕事とは?

設計の仕事は戸建て住宅やマンション、ビル、学校や商業施設など建物の図面を作成する仕事です。

いずれの仕事をするのにも、建築士の資格を持っている必要があり、建築士の資格を取得するには建築関係の大学や専門学校を卒業しているか、設計に関する一定期間の実務経験が必要となります。

なお、設計には建築設計の他、土木設計や機械設計もありますが、ここでは建築設計についてお伝えしていきます。

設計の仕事の流れ

設計といっても、ただ図面を引いていればよいわけではありません。

一般的に、設計は以下の流れで仕事を進めます。

  • 施主(せしゅ)打ち合わせ~現地調査
  • 図面作成(プラン作成/実施設計)
  • 施工会社選定~施工管理

それぞれ見ていきましょう。

施主打ち合わせ~現地調査

まずは、施主からどのような建物を建てたいのかを聞きくことから始まります。

施主は建築に関しては素人なので、どのような建物がよいか設計から提案することも求められます。

例えば、住宅を建築するのであれば家族構成やライフスタイルを聞き出して、家事動線や間取り、デザインなどを提案します。

また、並行して建物を建築する現地の調査を行います。

建築する土地については登記簿謄本や測量図などで情報を確認できますが、そうした書類と現地とで状況が異なっていることもあります。

現地を調査し、施主の希望通り建てられるかを確認するとともに、土地にあった建物の提案を行っていきます。

図面作成(プラン作成/実施設計)

施主の要望が固まったら、平面図や立面図、鳥観図などの基本図面(建築プラン)を見せながら、具体的な打ち合わせを行なっていきます。

図面を見て、施主から別の要望が出てきたらそれを図面に反映するという作業を繰り返します。

基本図面(建築プラン)が固まったら、詳細部まで設計する実施設計に移ります。

施工会社選定~施工管理

実施設計の作成に入るのと並行し、施工会社の選定を行います。選定は、見積もりの額や過去の実績などを元に決めます。

なお、個人住宅などの比較的小さな案件の場合には、設計を担当した建築士が施工管理も行うことが少なくありません。もちろん、担当を分けている場合もあります。これは会社の規模や仕事のスタイルによるところが多く、一概には言えません。

設計の仕事のやりがい

設計の仕事は建物という「モノ」が残る仕事です。言うまでもなく、モノづくりが好きな人にとっては、やりがいを感じられるでしょう。

そのほかには、例えば住宅を設計する会社であれば、施主と入念に打ち合わせを行い、希望を引き出して住宅を完成させたときなど、完成後に施主から「○○さんのおかげです」などとお礼を言われることも多いです。

直接、感謝の言葉を伝えてもらうことにやりがいを感じている人も、多いようです。

設計の仕事に必要な能力やスキル

設計の仕事は、人の動きを想定して間取りを設計したり、見た目のよい住宅となるよう衣装デザインにこだわったりするなど、クリエイティブな要素の強い仕事です。

このため、まずはそうしたデザインを思いつくだけの発想力想像力課題解決力が必要とされるでしょう。

また、建物がどのくらいの荷重に耐えられるかの構造計算を行うこともあり、数学物理学の知識が求められることもあります。

さらに、先述の通り、設計が施主の要望を聞き出して、施主の要望にあった図面を提案する必要があることから、コミュニケーション能力プレゼン能力が求められる側面もあります。

上記のようにさまざまな能力が求められる設計の仕事ですが、最初から全てを備えている必要はありません。

業務を通して少しずつ身につけていけるとよいでしょう。

設計職の年収は?

マイナビ転職の「全311職種 職種別モデル年収平均ランキング」によると、全311職種中、建築設計の仕事は83位、平均年収554万円となっています。

平均年収としては悪くありませんが、実際には就職する会社によって給与に大きな差があるのが一般的です。

例えば、住宅を設計する設計事務所などの場合、一般的に年収は低く、250万円~300万円程度の場合もあります。

一方、大規模なマンションやオフィスビルなどを手掛けるゼネコンの設計職の平均年収は高いのが一般的です。

住宅会社の設計職はその中間に位置すると考えるとよいでしょう。

ものづくり好きにおすすめな設計のお仕事

建築設計の仕事は建築する建物の図面を引く仕事で、自分が作った図面通りのものが世の中に残るということから、ものづくりが好きな人におすすめな仕事だといえるでしょう。

ただし、仕事を行うにあたっては図面を引くだけでなく、施主との打ち合わせや施工管理などにも取り組む必要があります。

なお、資格が必要とされる仕事であることから、基本的には未経験での転職は難しい点に注意が必要です。

投稿者: 逆瀬川 勇造

明治学院大学卒。地方銀行勤務後、転職した住宅会社では営業部長としてお客様の住宅新築や土地仕入れ、広告運用など幅広く従事しました。2018年よりP.D.Pを設立。WEBを通して不動産に関する問題解決を目指します。 保有資格:宅建士、FP2級技能士(AFP)、住宅ローンアドバイザー、相続管理士